【簡単】オーストラリアでのウーバーイーツの始め方1~10まで徹底解説!!

オーストラリア

 

副業解禁に伴って日本でも話題になってきているウーバーイーツですが、オーストラリアでは日本とは比べものにならないくらいウーバーイーツがすでに定着しています!!

ワーホリや学生でオーストラリアに滞在する方の中にはチャレンジしてみたいけど「登録の仕方がわからない」「始めるまでが面倒くさそう」というイメージで敬遠している方もいらっしゃるかもしれません。

今回はそういった方たちのために、2019年シドニーワーホリで半年間ウーバーイーツ配達をやっていた私がオーストラリアでのウーバーイーツの始め方をわかりやすく解説していきたいと思います!!

 

1.ウーバーイーツを始めるために必要なもの

手順を説明する前に、ウーバーイーツを始めるにあたって用意しなければならない物を最初にリスト化してお見せします↓

自転車の場合
・自転車
・スマホ
・パスポート
・Uberバッグ
・現地銀行口座
・国際免許証などのID

ほとんどが既に持っている、あるいはこれから用意しようと思っていた物ではないでしょうか。

ウーバーイーツは気軽に始められるのも大きな魅力の一つです!!

自転車のおすすめ購入方法についてはこちらの記事で詳しくご紹介しているので是非!!

ちなみに「国際免許証などのID」と書きましたがこれが少々やっかいでして、パスポート以外にもう一つ身分証を提示しなければならないのです。

「国際免許証」や現地の「学生証」「フォトカード」などが身分証として有効ですが、日本の運転免許証はスタッフが日本語を読めないからダメ、ということで実際に受理してもらえなかったので充てにしないほうが良いでしょう。

自転車でなくバイクの場合は上記に加えて以下のものが必要になります↓

バイクの場合
・バイク
・州の運転免許証
・州の保険
・自動車総合保険or対物賠償保険

バイクになると当然免許証や保険への加入が必須になってくるので多少面倒ではあります。

しかしバイクのほうが圧倒的に稼げますし、会社に引かれる手数料も低いのでバイクを使える方はバイクで配達するのがおすすめですよ!!

 

2.ウーバーイーツ配達員登録手順

登録は全てオンラインで完結します!!

面接や登録説明会などの参加は一切不要なので楽チンですよ!!

ウーバーイーツ登録サイトはこちら

 

①Proof of ID

秒殺です。

パスポートの顔写真の欄を鮮明に写して送りましょう!!

 

②Second ID

既に触れましたが、パスポート以外の有効なIDを写して送ります。

国際免許証持ってない、学生でもない、という方にはフォトカードの作成がおすすめ!!

フォトカードはパスポートと銀行口座のカードさえあれば、$50ほどで誰でも作成可能です。

フォトカードは現地の運転免許証と並ぶ公的な身分証明書であり、例えばカジノに行ったりお酒やたばこを買う際には身分証の提示が必要ですが、フォトカードさえあれば今後パスポートを持ち歩かなくても良くなるので持っていて損はありませんよ!!

NSWのフォトカードの申請に関して詳しくはこちら

 

③Criminal Background Check

専門の調査機関に自分の犯罪歴を調べられます。

私は犯罪歴がないのでスムーズに完了しましたが、引っかかると登録出来ないのでしょうか・・・。気になるところです。

 

④Profile Photo

お客さんも今後見ることになる、自分のプロフィール写真を撮影して送ります。

顔がちゃんと鮮明に写るようにして送らないと、余裕で何回でも撮り直しさせられます!!

ちなみに配達がスタートしてからも、アプリ起動時に定期的に顔写真の送信は求められるのでセキュリティがしっかりしていますね。

 

⑤VEVO Check

自分のビザの書類をアップロードするのですが、個人的にここで手こずりました。

何度アップロードしてもエラーで返されるんですね。

どうしようもなくなったので1時間以上かけて支店に行って、スタッフの方に相談して手伝ってもらって完了させました。

どうやらビザのPDFの写真全体が写っているものでなくては受理されないらしく、私は情報が記載されている部分だけをスクショして送っていたためエラーになっていたということです。

この項目だけではないですが、もし行き詰まったらヘルプに電話かメールをするか、支店に行けばスタッフの方が全力で手伝ってくれますよ。

 

以上の5つすべてが受理されれば晴れて配達員としてデビュー出来ます!!

ちなみに・・・。

思わぬ落とし穴として、Uberのバッグを入手するのに意外と時間がかかるというものがあります。

以前は支店に行けばたんまり在庫が用意してあって、即日受け取れたらしいのですが、2019年現在スタッフ曰くオンラインでの注文しか承ってないとのこと。

しかしオンラインで注文する以外にも入手方法はあり、実際に私が活用した方法を記載しておきます↓

【Uberバッグの入手方法】
配達に欠かせないUberバッグはサイトよりオンラインで注文します。
しかしこれが海外からの取り寄せのため、注文から受け取りまで2週間ほど掛かってしまうんですね。
いやいやそんなに待ってられないということで、多くの配達員は自転車購入方法の記事の中でご紹介したGumtreeやMarketplaceで安くバッグを購入しています!!
一日でも早く配達を始めたい方は是非サイトを覗いてみてください。

 

3.最後に

いかがでしたか?

今回はオーストラリアでのウーバーイーツの始め方ということで、私の体験談を元にご紹介してきました!!

面接なしで気軽に登録出来るので、本業の仕事探しと並行して登録だけ済ませてしまうのも大いにアリでしょう。

一番の難関はやはり国際免許証などを持っているか否かだと思うので、もしまだあなたが日本にいるのであれば渡航前に最寄りの免許センターで取得してから向かうことを強くおすすめします!!

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント