【ワーホリ】シドニーのシェアハウスの探し方や手順を徹底解説!!

オーストラリア

 

初めてワーホリに行かれる方なんかは現地に着いた後、何から手を付けたら良いのかわからないですよね。

仕事探しや部屋探し、各種手続きなどやるべきことはたくさんあるのですが、まずやらなくてはならないのが家探しに他なりません!!

働くにしても手続きをするにしても、どうしても住所が必要になってくるからなんです。

そこで今回はオーストラリアのシドニーで実際にシェアハウス探しをした私が手順や方法を徹底解説していきます!!

 

1.シェアハウスの募集を探す

まず募集しているシェアハウスの探し方ですが、日本人にとってポピュラーな順に3つご紹介していきます。

ちなみにシドニー以外の地域でも以下の方法で探せるので参考にしてください!!

 

①日本人向けサイト

シェアハウス探しだけでなく、仕事探しやコミュニティのお誘い、物の売り買いなど色々なサービスが無料で利用出来る、現地滞在の日本人向けサイトがあります。

日本人のほとんどがこの日本人向けサイトで探していますよ!!

以下、代表的な3つのサイトです。

 

日豪プレス

知名度抜群なのでこれを読んでいる方の多くは既に知っているのではないでしょうか。

情報量が多く、たくさんの人が利用している有名サイトです!!

 

Jams.TV

非常にサイトが見やすく、私はこのJamsにお世話になりました!!

ルームメイトもこのJamsが一番使いやすかったと言っていましたが、実際日豪プレスとどう違うのと言われても決定的な違いを説明出来ないのが事実です。笑

 

チアーズ

日豪やJamsに比べたら情報量が少ないですがこちらも日々チェックする価値ありです。

 

②Facebook

上で紹介した日本人向けサイトだけで個人的には十分でしたが、他にも探す手段としてFacebookがあります。

「Sydney Sharehouse」で検索すれば英語ではありますがたくさんの募集を閲覧できます。

グループもあるので気になる方は試しに参加して、より多くの情報を収集してみることをお勧めします!!

 

③街中

「街中ってどういうこと?」と思われるかもしれませんが、日本でもあるように電柱に募集広告が貼ってあるパターンです。

住みたいと思っているエリアを散策していればきっと募集広告を発見出来るでしょう!!

しかし個人的には効率が良いとは思えないので、「よし街中に出て広告探すぞ!!」ではなく偶然見つけて参考にしてみるくらいの気持ちでいたほうが良いでしょう。笑

 

2.オーナーと連絡を取り、見学する

上で紹介したいずれかの方法により気になるシェアハウスを見つけたら、早速オーナーと連絡を取りましょう。

募集広告にオーナーの連絡先が載っていますが、私は電話ではなく基本的にSMSでメッセージを送っていました。

電話しても仕事で出られない場合が多いですからね。

 

まだ部屋が空いているかを聞いて、空いてるよと返信が来たら内見の期日や時間を決め、その日に指定された場所へ行けば良いです。

私は合計4件内見して4件目で良いと思ったところに巡り合えたのでそのまま住み始めました。

 

ここで内見で確認すべき必須事項をご紹介します↓

・家賃(レント)、敷金(ボンド)

・支払い方法、領収書

・人数

・喫煙

・オウンキー

・Wifiの有無、強さ

・掃除当番

・洗濯機の使用可能頻度

・シャワーの時間制限

・消耗品提供の有無

・ジムなどの設備

ざっとこんな感じでしょうか。

 

レントやボンド、シェアメイトの人数などは募集要項に記載されているから対面で聞かなくてもいいじゃんと思うかもしれませんが、ここは日本ではなく海外です。

実際私のルームメイトは募集時に記載されていた料金と住み始めた後の最初の支払日に言われた金額に差があるということで揉めていました。

 

また、特にボンドの領収書は必ずもらうようにしてください。

退去時にしらばっくれて返さないオーナーも少なくないみたいです。

 

また、人数はさすがにベッドに上限あるし、と思うかもしれませんが、ベッドが空くまで一時的に追加でリビングで生活させようとするオーナーもいます。

 

私のシェアハウスではオーナーが同じ家の別部屋で一人で過ごしていて、キッチンやリビングは共用という形だったのですが、そのオーナーが恋人を連れ込んでずっと住んでいたので実質言われていた人数よりも一人多いという事態が続いていました。笑

 

喫煙に関してもしっかり確認すべきで、私のところは禁煙でメンバーは皆吸わない人だったのですが、例のオーナーの恋人がスモーカーだったのでリビングがいつもタバコ臭く軽く問題になりました。

 

オウンキーと呼んでいるのですが、自分専用のカギが持てるかどうかということですね。

自分専用のカギが持てないなんて私的には論外です。笑

 

Wifi、大切ですよね。

ルームメイトはWifiが使い放題だと思って入居したけど月の終盤になるとWifiに制限が掛かってつながらなくなる、と嘆いていたので事前の確認が大切です。

 

掃除に関してはご想像の通り揉めやすいことなので確認すべきです。

 

洗濯機の使用回数に制限を設けている場合があるので、洗濯好きの方は特に気にしておくべきでしょう。

 

シャワーを浴びる時間の長さや浴びる時間帯に制限をつけているオーナーもいるようなので、聞いておいて損はないでしょう。

 

消耗品として、多くのところがトイレットペーパーや洗剤などを提供してくれます。

私のところは食器洗剤やキッチンペーパー、ゴミ袋などを提供してくれました。

毎食のお米を提供してくれるところも調べたらあったので、是非オーナーに聞いてみてください。

 

ジムやプールなどの設備を使う予定がある方は内見の際に目で確認しておきましょう。

写真で見たのと全然違う、、なんてことにならないように。

 

3.住み始める

内見で良いなと思ったら住み始めましょう。

もう今から住み始めるのか、他のところも見てから決めたいのか、それはオーナーとの話し合いが必要です。

もうそこに100%住みます、と決めてしまうなら何も問題ないのですが、他のところも見てから決めたい場合には自分が他のところと悩んでいる間に他の人が内見して決めてしまうパターンもあるので注意が必要です。

 

また、自分がそこに住むと決めた場合にはオーナーに募集を止めてもらう必要があります

その日から住む場合にはレントとボンドだけを支払えば良いのですが、例えば3日後から住み始めたいけど募集は止めて欲しいという場合。

オーナーは口頭だけの約束では信じてくれませんので、担保としていくらかお金を預けておくというのが一般的です。

もちろん返ってくるお金ですが、自分がやっぱり他の家に住みたいと気変わりした場合には預けたお金は当然返ってこないので気を付けましょう。

 

4.最後に

いかがでしたか?

今回はシドニーにおけるシェアハウスの探し方について書いてきました!!

私の場合4日目で気に入った物件を見つけて住み始めることが出来ましたが、気に入った条件のシェアハウスを探すのは意外と簡単ではなく、共同生活なので住み始めてからも色々なトラブルが付き物です。

【体験談】オーストラリアワーホリのシェアハウスが酷すぎたの記事にも目を通して頂き知識を蓄え、自分なりに満足できるシェアハウス探しにしてください!! 

 

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント