オーストラリアワーホリの保険は現地で!!実際に20万円節約した話

オーストラリア

オーストラリアへワーホリに行く際、避けて通れない問題が海外保険。

多くの方は日本で加入してから渡航していると思うのですが、実は現地の保険に加入すれば圧倒的に費用を抑えることが可能なんです!!

しかし右も左もわからない異国の地で、日本語のサポートなしに馴染みのない保険に入るなんてハードルが高くて無理!!と思われる方も多いでしょう。

そこで今回は実際にワーホリでシドニーに滞在中の私が、現地加入のメリットやデメリット、具体的な費用やカバー内容、おすすめの保険会社やプランまできっちりご紹介していきたいと思います!!

 

1. 保険はオーストラリアで加入すべし

保険はオーストラリアで加入したほうが良い理由として当然費用の安さがあるのですが、ここではもっと詳しく客観的に、日本で加入する場合とオーストラリアで加入する場合でどのような違いがあるのかを解説していきます!!

 

①日本で加入するメリット

・手続きが日本語
・補償内容が幅広い
・キャッシュレスの場合が多く立て替え不要

最初に言ってしまいますが、日本で加入するのが一番安心です。笑

なぜなら手続き関係は全て日本語で対応してもらえますし、現地の保険と比較して何かあったときのサポート内容が手厚いので安心を買うという意味ではこれに勝るものはありません。

また、現地の保険の場合、病院でまずは自分が支払いを立て替えて後ほど保険会社に請求するという形式が一般的ですが、日本で加入する保険はキャッシュレスの場合が多く、自分が立て替える必要はありません

 

②日本で加入するデメリット

・費用が高い
・渡航前に一括支払い

正直、費用が安ければ全員日本で加入するの一択、この記事必要なくなります。笑

ちょっとくらいの価格差なら日本語の方が安心だということで日本で加入してくるのもわかります。

では一体どれくらいの価格差があるのか。

日本で加入すると年間およそ25万円は掛かると思ってよいでしょう。

対してオーストラリアで加入すると年間5万円程度しか掛かりません。

もちろんプランが違うのでオーストラリアでも手厚い保険を選択すればその分料金は掛かりますが、この価格で最低限の安心は確保出来るのです。

 

確かに25万円掛ける日本の保険と比べたら現地保険の内容は基本的に劣ります。

でも実際、ワーホリに来るほどの元気のある20代の若者がそんな脳梗塞で倒れたり死んじゃったりしますか?

考え方は人それぞれですが、価格と照らし合わせて、自分にこの内容の保険を買う必要性が本当にあるのかを一度考えてみるのは大切ですよね。

 

③オーストラリアで加入するメリット

・費用が安い
・手続きがインターネットで簡単
・週払い・月払い。年払いなど支払い期間の融通が利く

上で説明してしまいましたが、年間5万円程度から加入できます!!

加入手続きはインターネットで簡単に完結させられますし、解約もスマホとパスポートを持って近くの支店に行けば驚くほどすんなり完了できるのです。

私が行った支店では念のため出国の時間まで保険を効かせてその時間で自動解約するようにしてあげるという神対応を受けました!!

何日の何時まで保険を継続して欲しい、といった要望を聞いてもらえるのはすごく助かりますよね。

 

④オーストラリアで加入するデメリット

・手続きが英語
・安いプランはExcessあり
・キャッシュレスでない場合が多く立て替えが必要

加入時の手続きが英語なので、英語に自信がなくカバー内容などの大切な部分を理解するのが難しいという方には周りの人に手伝ってもらうか諦めるしかないでしょう。

こればかりは遊びでなく自分の人生に関わる大切なことなので、このブログで勧められてるからよくわからないけど安いしこれでいいや、なんていう軽い感じで契約して後で思ってたのと全然違うなんていう悲惨なことにならないように気をつけて欲しいです。

 

またExcessは「この費用までは自己負担ね」という費用であり、例えばExcess250ドルと明記されているプランの場合、250ドルまでの支払いは自己負担、それを超えたらその分は保険会社が負担するという形です。

なので安いプランの場合、ただの風邪で病院に行っても全額自己負担になることが多いでしょう。

 

2.クレカ付帯保険との組み合わせで更に安く!!

日本で加入する場合とオーストラリアで加入する場合の違いをまとめてきましたが、最も注目すべきポイントの一つは「現地加入の場合週払いや月払いなど支払い方法を選択できる」ところです。

渡航を考えている多くの方がクレジットカードを持っていると思うのですが、そのクレジットカードに海外旅行保険のサービスが付帯されている場合、渡航してしばらくはそのクレジットカードの保険が適用されます。

大抵は3ヵ月。

ですから、例えば半年と2週間の滞在の場合「渡航して最初の3ヵ月はこのクレジットカードの付帯保険に頼って、あと3ヵ月と2週間は現地の保険に頼ろう」、みたいな融通が利くのです!!

この方法によってさらに費用を抑えることが可能ですね!!

無料クレジットカードの海外旅行保険についての記事はこちら

 

3.おすすめ現地保険会社紹介

ここまで読んで頂いてオーストラリアの現地保険のもっと詳しい内容が知りたいという方や申込をしたいという方のためにリンクを貼っておきます。

その前に聞き慣れない大切な専門用語をちょっとだけご紹介↓

・Nil
→ゼロ(なし)
・Excess
→この金額を超えるまでは自己負担
・12months for pre-existing condition
→すでに加入者がこれに関する健康上の欠陥を持っている場合12ヵ月は保険適用外

Medibank

【料金】32.66ドル(2週間)~

Bupa

【料金】23.54ドル(2週間)~


Allianz

【料金】34.62ドル(2週間)~

4.最後に

いかがでしたか?

ちなみに私が加入していたのは2番目にご紹介したbupaです。

シドニーの中心地に支店がいくつもあるので気軽に問合せに行けますし、解約もスムーズでした!!

是非この記事を参考にご自身にあったプランを探してみてください!!

 

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント