ランニングフォームにおける骨盤前傾のポイントを徹底解説!!

マラソン

 

ランナーなら誰もが耳にしたことのある「骨盤前傾」や「骨盤を立てる」という言葉。

正直なんのこっちゃわからない、というか骨盤ってそもそもどこ?

という疑問を抱いている方は多いはず!!

しかし骨盤前傾はマスターすれば確実に走りやすくなりますし、タイムに直結してくるとても重要な要素なんです。

そこで今回は元ランニングインストラクターでサブ3でもある私が満を持してランニングフォームにおける骨盤前傾について詳しく解説していきます!!

 

1.ランニングフォームにおける骨盤前傾のポイント

早速ですが理想の骨盤前傾フォームのポイントやよくある勘違いフォームを写真付きでご紹介していきます!!

百聞は一見に如かずということで、まずは骨盤前傾が出来ているフォームをご覧ください↓

 

骨盤前傾フォーム

骨盤が前傾しているフォームは写真の通り、背筋をしっかり伸ばしてやや胸を張り、傍から見ても綺麗だと思えるこの姿勢のことをいいます。

前傾と聞くとやはり前に傾けるのが正しいと思い込み、一生懸命身体全体で角度をつけながら走る方がいらっしゃいますが、それは違います!!

「骨盤前傾」「骨盤を立てる」という言葉は同じ意味で、要は骨盤をまっすぐ綺麗に立てた状態を保ちましょう、ということなんです。

この姿勢のポイントは「頭が天井に引き寄せられるのをイメージ」することです。

そうすることで自然と骨盤が立ちますし、背筋も伸びて美しいフォームが出来上がりますよ!!

 

NGフォーム①猫背

よくあるNG例として、まず猫背が挙げられます。

猫背のランナーはよく見かけるのですが、猫背は骨盤前傾どころか骨盤後傾をもたらしてしまう大変厄介な姿勢です!!

簡単にイメージ出来ると思いますが、骨盤を後傾させると前への推進力が失われるのでランニングフォームとしてはふさわしくありません!!(日常生活にも適していませんよね!!)

頑張って上体を前に傾けようとして、気づかないうちに猫背で走ってしまうランナーや疲れてきたせいで上半身を支えるのが難しくなり自然に猫背になってしまうランナーがたくさん。

普段から意識して後傾しないようにフォームを修正したり、体幹トレーニングで骨盤周辺を安定させたいですね!!

 

NG②反り腰

猫背の次に多いのが反り腰ではないでしょうか。

骨盤を前に突き出そうと意識するあまり、腰を反りすぎてしまうパターンも多く見受けられます!!

反り腰の何が悪いかって、「地面からの衝撃」「上半身を支える負担」という上からも下からも腰への攻撃が集中してしまうところです。

反り腰で走り続けてしまうとほぼ確実に腰を痛めてランニングどころではなくなってしまいます!!

こちらの反り腰も猫背と同様、体幹トレーニングを通じてお腹のインナーマッスルを鍛えることで改善しますので関連記事をご参照ください↓

 

2.そもそも骨盤とは?

前傾フォームについては理解したけど、そもそも骨盤は具体的にどこを指すの?

という疑問にお答えします!!

骨盤はこれです↓

この骨の集合体を骨盤と呼ぶのですが、体の部位的にはちょうどこのあたりです↓

今まさに骨盤矯正を受けているシーンですね!!

骨盤が身体においてどんな役割を担っているのかというと、

骨盤とは・・・首からお尻まで続く「背骨」と足の筋肉である「大腿骨」をつなぐ役割を果たす骨の集合体。二足歩行の身体を支える土台の役割を果たす。

無茶苦茶重要なんですね!!

骨盤といったら、出産のために女性の骨盤は広くつくられていて、対して男性の骨盤は狭いつくりになっているということくらいの話しか日常では聞いたことがないのですが、ランニングにおいてはもう骨盤様様なわけなんです!!

 

3.なぜ骨盤を前傾させるのか?

ここまで読んでくださった方なら察しがついているかもしれませんが、なぜ骨盤を前傾させる必要があるのかを解説します!!

理由はシンプルで「前への推進力になるから」です。

骨盤をしっかり立てることで腰を高い位置に保てますから、足も送り出しやすくなりますし、姿勢がよくなるので呼吸がしやすい他、腕振りもしやすくなります。

そして何より断然カッコいいフォームになりますよね!!

ランニングにおけるほとんど全ての要素にプラスの効果をもたらしてくれるのですから、取り入れない手はありません。

物は試し、是非骨盤を前傾させた状態と後傾させた状態でどちらが走りやすいかやってみ
てください!!

今から確認しに外へ出るのが面倒くさいという方、もし今座りながらスマホかパソコンで読んでいるのであれば、座りながらでも良いので骨盤を前傾させたり、わざと猫背(後傾)になってみてください。

どちらが前に走りやすそうか、座りながらでも圧倒的に理解できるでしょう!!

 

4.まとめ

いかがでしたか?

今回はランニングフォームにおける骨盤前傾のポイントを細かく説明してきました。

最後にポイントをまとめて確認しましょう!!

ポイント!!
・「骨盤前傾」=「骨盤を立てる」
・骨盤前傾はランニング全体に好影響を及ぼす
・猫背・反り腰に要注意

次回のランニングから骨盤を意識し、より快適でカッコいいランニングフォームを手に入れましょう!!

 

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント