白浜温泉と市場を日帰りで満喫!!大人気とれとれPARKに行ってきた!!

四国

 

日本の名湯白浜温泉を求めて和歌山を訪れる方は多いでしょう!!

温泉だけ楽しんで帰るのも良いですが、どうせ和歌山に行くなら海の幸も楽しみたいですよね。

今回は白浜温泉と本格市場が同じ敷地にある「とれとれPARK」へ実際に日帰りで行ってきたので情報共有していきます!!

 

1.とれとれPARKとは??

「食べて・遊んで・温泉入って・泊まって・お買い物」という至れり尽くせり楽しめてしまう白浜のとれとれPARK

とれとれPARKはとれとれの湯とれとれ市場をはじめ8つもの施設・アトラクションで構成されていて、白浜を代表する大人気エリアと言えるでしょう!!

具体的には、

とれとれの湯(白浜温泉)
とれとれ市場(海鮮市場)
とれとれ亭(バイキング)
とれとれヴィレッジ(宿泊施設)
海鮮寿司とれとれ市場(回転寿司)
かがやき屋(屋形船会石料理)
カタタのいかだ釣り(釣り)
カタタの釣堀(釣り)

以上のラインナップです!!

日帰りで白浜を訪れる方は温泉街で温泉も入りたいし市場で海の幸も楽しみたいけどなかなか時間がない・・・というパターンに陥りがち。

そんなときに目を向けて頂きたいのがこのとれとれPARK。

なんと言っても白浜温泉(源泉)と市場が同じ敷地にあるので時間がなくても満足に楽しめること間違いなしです!!

 

2.実際に行ってきた!!

2019年1月某日、実際にこのとれとれPARKへ行ってきました!!

白浜のシンボル的存在である「円月島(えんげつとう)」の最寄りバス停”臨海”からバスで15分、とれとれ市場へ到着。

早速中に入りますが、その広さに驚きました!!


海の食材がなんでも揃っています!!

鉄板のマグロやカツオをはじめ、カキやアワビなどの貝類、あおさやわかめなどの海藻類、ちょっと珍しいクジラやアンコウまで勢ぞろい。

マグロに関しては解体ショーも行われているので時間が合致すれば是非見ておきたいですね!!

とれとれ市場は目的無くふらっと訪れても十分楽しめます。

なにかというと、試食がとても充実しているのです!!

あちこちで様々な試食が。

試食コーナーに惹かれて回っていたらこれだけでお腹いっぱいになって満足してしまいそうに。笑

私がとれとれ市場に来た一番の目的は海鮮丼を食べることです!!

食堂は市場のすぐ隣にあって大人気。

ピーク時には席を探すのに一苦労しました・・・。

このように種類は盛りだくさん!!

人気メニューは売り切れになってしまうので狙いがある方は早めに行くと良いでしょう。

私がオーダーしたのはサーモンいくら丼。

しっかり身があって食べ応え抜群でした!!

着いたときはレジ前に30人くらい並んでいたので辞めようか悩みましたが並んで正解でした。

 

また、とれとれ市場内にはお土産屋もあります!!

食べ物やお菓子、グッズまで幅広く置いてあったので旅の終わりにここでお土産を買って帰るのもありでしょう。

 

さて、お次は待ちに待ったとれとれの湯です!!

白浜温泉は有馬温泉(兵庫)道後温泉(愛媛)とならんで日本三古湯の一つであり、有馬と道後は既に行っていて白浜が最後だったのでこれで制覇出来る、と気分が高まっていました!!

市場を出たらすぐにあるとれとれの湯。

温泉街から離れているので本当に源泉なのか疑いましたがしっかり白浜温泉源泉の湯が楽しめます!!

とれとれの湯では様々なお風呂が楽しめるのが特徴で、

 

・炭酸泉

・酸素風呂

・ジェットバス

・電気マッサージ

・岩風呂

・備長炭風呂

・宝石壺湯

・寝風呂

・浅風呂

・サウナ

・冷水

 

ということで充実のバリエーション!!

さらに源泉の露天風呂からは太平洋を眺めることが出来るので至福のひと時を過ごせること間違いなし。

観光して、美味しい物食べて、お土産も買って最後はここの温泉で締めるというプランはいかがでしょうか??

 

3.営業時間・アクセス方法

【営業時間】
・とれとれの湯(9:00~23:00)
・とれとれ市場(8:30~18:30)

 

【アクセス方法】
①電車
JR白浜駅から徒歩20分
②バス
・白浜駅より、白浜町巡回バスまたは、湯崎方面行き(とれとれ市場経由)に乗り、とれとれ市場前停留所下車。
・白浜温泉街方面より、白浜町巡回バスまたは白浜駅方面行(とれとれ市場経由)に乗り、とれとれ市場前停留所下車。

 

4.最後に

いかがでしたか?

今回は白浜温泉と市場が同じ場所で楽しめる、とれとれPARKについてご紹介してきました!!

とれとれ市場は目的なく行くだけでも楽しめるので、日帰りの方だけでなく旅館に泊まっている方にも是非足を運んで頂きたいですね。

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント