【体験談】My遊バスで桂浜・坂本龍馬像を巡る旅~乗り場や乗車券情報~

四国

 

2019年1月某日、私は桂浜に行きたくて高知県を訪れました!!

高知駅から散策をスタートさせたのですが、桂浜を訪れるにはどうやら「My遊バス」を利用するのが一番お得だということがわかったので、今回はMy遊バスを実際に利用した体験談や乗り場、乗車券についての情報を共有していきたいと思います!!

 

1.My遊バスのココが凄い!!

そもそもMy遊バスは高知市内を巡る周遊バスの乗車券のことなのですが、これが安くてお得!!

高知市内の観光には欠かせないバス乗車券なのです。

しかしただ安い、というだけでなくMy遊バスには他の魅力もあるのでご紹介します!!

 

①高知市内の観光スポットを網羅


はりまや橋、五台山展望台、牧野植物園、桂浜などの高知市内主要の観光スポットへはMy遊バス一本でアクセス可能です!!

もちろん乗り降り自由なので、時刻表と相談しながらにはなりますが市内の観光スポットを簡単に制覇することが出来るのです。

 

②路面電車も無料

高知市内には路面電車が走っています!!

例えば滞在先のホテルから夜ご飯を食べにひろめ市場に行きたいと思ったらMy遊バスの乗車券を見せれば無料で路面電車に乗って行き来出来るのです。

夜のはりまや橋を見たくなったり、高知駅に用があるときなんかも路面電車を自由に使わせてもらえます!!

 

③様々な施設の割引


My遊バスのチケットを提示することで「桂浜水族館」や「坂本龍馬記念館」をはじめとした多くの観光施設、飲食店、お土産屋、ホテルなど様々なところで割引サービスが受けられます!!

バスのチケットを買っただけなのにこれだけ豊富なサービスを受けられるなんて驚きではないですか??

 

2.実際に利用してきた!!

今回私は高知駅から桂浜までの往復で利用してきました!!

高知駅バスターミナルの販売所でチケットを購入後、こちらのバス停へ↓

 

高知駅南口の土佐三志士像の近くでもあります。

フリーパスなので運転手にチケットを見せるだけで自由に乗降可能です!!

バスに揺られること50分、終点、桂浜のバス停に到着。

バス停から浜まではすぐ近くです!!


なんだか俳句を詠みたくなるような、趣があって落ち着く風景ですよね。

実際現地はとても静かでゆったりお散歩するのに適した環境ですよ!!

 

さらにこの桂浜の浜辺には桂浜水族館があるのです。

昭和6年から続く歴史のある水族館で、ペンギンの餌やり体験やアシカショーなどが子どもに大人気!!

My遊バスのチケットで割引が適用されるのでこの機会にぜひ!!

そして桂浜水族館といえば記憶に新しいかもしれませんが、こちらのツイートで2018年話題になりましたね↓

ほとんどスタッフしか登場しないと話題の公式ツイッターで渾身の土下座PRです。笑

歩合制(嘘)らしいのでスタッフの方たちのためにも訪れてあげましょう!!笑

 

また、浜の近くにはメインスポットの一つである、大きな坂本龍馬像がありますから記念写真をお忘れずに!!

そして坂本龍馬像のある桂浜公園には坂本龍馬記念館もあります!!

こちらに関してもMy遊バスのチケットで入館料が割引になりますから、興味があれば併せて訪れたいですね!!

 

桂浜から高知駅方面へ戻る際のバス停ですが、桂浜で降りたところと同じ場所へ戻ればOK!!

バスの時刻表は後で貼りますが、そんなに本数は多くないので乗り逃さないように気を付けたいですね。

 

3.料金・乗り場・時刻表・購入場所

【料金】
1日券・・・大人1,000円、子供500円
2日券・・・大人1,600円、子供800円

 

【時刻表】

 

【購入可能場所】
・バス車内
・城西館
・オリエントホテル高知
・三翠園
・ザ クラウンパレス新阪急高知
・高知サンライズホテル
・西鉄イン高知はりまや橋
・ホテル日航高知旭ロイヤル
・高知パレスホテル
・龍馬の宿南水
・はりまや橋デンテツターミナルビル
・とさでん交通バス乗車券販売所
・高知駅バスターミナル
・JR高知駅南口「とさてらす」
・JR四国の主な駅のみどりの窓口またはワープ支店
・高知龍馬空港1F総合案内所
・土佐御苑
・高知プリンスホテル
・ホテル港屋

バス乗り場に関しては上の項において、高知駅と桂浜のみご紹介しています!!

 

4.最後に

いかがでしたか?

今回はMy遊バスの利用体験談とともにバス乗り場や乗車券について情報共有してきました!!

私も含め、ここまでサービス盛りだくさんなチケットだと予想していた方は少ないのではないでしょうか。

高知市内を観光する際はMy遊バス一択!!

皆さんも是非利用して、お得で充実した旅にしてくださいね!!

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント