道後温泉で安く日帰り入浴可能な人気公衆浴場3選をご紹介!!

四国

 

2019年1月某日、愛媛県の道後温泉に行ってきました!!

今回私は日帰りで訪れたのですが、同じように日帰り入浴目的で道後温泉を訪れる方も多いと思いますので、そういった方の参考になるよう「道後温泉で安く日帰り入浴可能な人気公衆浴場3選」ということで記事を書いていきます!!

 

1.道後温泉の魅力とは??

道後温泉は愛媛県松山市にある、日本人の誰もが知る有名な温泉ですね!!

日本三古湯の一つでもあり、兵庫の有馬温泉、和歌山の白浜温泉と並んで日本における最も歴史がある温泉の称号が与えられています。

あの聖徳太子も訪れたとされており、幻想的でノスタルジックな雰囲気が今もなおたくさんの観光客や地元の人々を惹きつけています!!

そして嬉しいことに道後温泉の湯は温度調整なしの源泉100%掛け流し!!

いつでも湧いてきた温泉を思う存分堪能することが出来るのです。

また、道後温泉は温泉総選挙2016の女子旅部門において堂々の第一位を獲得しました!!

神社などのパワースポット巡りをしたり、湯上りに浴衣で商店街をはじめとした街歩きを楽しめるということで好評なのです。

そして2017年、いにしえの街にふさわしい温泉をコンセプトとして、飛鳥時代の建築様式を取り入れた「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」がオープンしました!!

 

2.安くて人気の日帰り入浴3選

一般的に「外湯」と言われる、日帰り客向けの温泉施設がここ道後温泉には3つ存在します。

日本が誇る名湯道後温泉を楽しめるというのに、そこらの銭湯と変わらない低価格で入れるのですからビックリですよ!!

 

①道後温泉本館神の湯


道後温泉本館は日本の公衆浴場では初めて国の重要文化財に指定されました。

写真でもその奥ゆかしさが伝わってくると思いますが、重要文化財に指定されているにも関わらず普通に営業している施設はそうそう無いのではないでしょうか。

霊(たま)の湯と神の湯の2つがあり、
個室や広間の休憩室が付いたコースは特に人気で、私が訪れたときにはもはや神の湯の日帰り入浴しか受付していませんでした。

また、夏目漱石が利用したとされる個室や皇室専用の浴室も見学可能で見どころ満載‼︎

道後温泉に初めて行かれる方は道後温泉の顔である本館に訪れればまず間違いないと言えるでしょう‼︎

【営業時間】
6:00~23:00
【料金】
大人410円、子供160円

*2019年2月1日~工事のためしばらく日帰り入浴のみの運営となります。

 

②椿の湯


本館とは違った近代的な外観が特徴で一際目を引く椿の湯

2017年12月にリニューアルオープンされたので、外観内観ともにとても綺麗なんです‼︎

料金も3つの日帰り温泉の中で一番安いことから毎日のように通う地元の方々も多いのだとか。

大きな湯釜に広めの浴槽でリラックスしてみてはいかがでしょうか‼︎

【営業時間】
6:30~23:00
【料金】
大人(12歳以上)400円、子供150円

 

③道後温泉別館 飛鳥乃湯泉

飛鳥乃湯泉は本館に対して別館という位置付けで2017年12月に建てられたまだ初々しい施設です。

外観はもちろん中も綺麗で、広々とした浴室が特徴。

本館と同じく個室や大広間の休憩室が備えられているので、よりくつろぎたい方には嬉しいポイントですね‼︎

そして一番の魅力は露天風呂があることです。

より開放感溢れるひと時を過ごしたいなら飛鳥乃湯泉が一番最適と言えるかもしれませんね‼︎

【営業時間】
7:00~23:00
【料金】
大人(12歳以上)600円、子供300円

 

3.アクセス方法

 

①電車

松山駅前から路面電車で道後温泉駅まで約25分

②車

道後温泉駐車場(100台)
上記3つのいずれかの温泉を利用で1時間無料

4.最後に

いかがでしたか?

今回は道後温泉における安く日帰り入浴可能な人気公衆浴場を3つご紹介してきました!!

気軽に入れる価格ですから3つをはしごするも良し、どこか1ヵ所を存分に堪能するも良し、楽しみ方は人それぞれです。

是非こちらの記事を参考に訪れてみてくださいね!!

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント