有馬温泉の安い日帰り入浴施設やおすすめの行き方をご紹介!!

国内

 

2018年12月某日、温泉好きの私は念願の有馬温泉に日帰りで行ってきました!!

言わずと知れた日本を代表する名湯ですね。

今回は改めて有馬温泉の魅力をお伝えするとともに、安くて人気の高い日帰り入浴施設やおすすめのアクセス方法を併せて共有していきたいと思います!!

 

1.有馬温泉とは??

兵庫県神戸市に存在する日本で最も歴史のある温泉の一つです。

愛媛の道後温泉、和歌山の白浜温泉と並んで「日本三古湯」の一つとして有名なんです!!

どれくらい歴史があるのかというと、7世紀に書かれた日本書紀の中で”当時の天皇が有馬温泉を約3か月に渡って楽しんだ”という記述が出てくるほど。

また、群馬の草津温泉、岐阜の下呂温泉とともに「日本三名泉」という日本で最も効能の高い温泉Top3の一つでもある有馬温泉。

最も歴史が深くて最も効能の高い、まさに日本が誇る最強の温泉だということがわかったところで、次の項では人気の日帰り入浴施設を2ヵ所ご紹介していきます!!

 

2.安くて人気な「金の湯」・「銀の湯」

有馬温泉の日帰り利用可能な公衆浴場は3ヵ所、「金の湯」「銀の湯」「太閤の湯」があります。

このうち太閤の湯は2018年12月現在リニューアル工事の真っ最中のため行くことが出来なかったので金の湯と銀の湯の2つを堪能してきました!!

ちなみに太閤の湯のリニューアルオープンは2019年4月1日を予定しているとのことです。

温泉街はこんな感じで風情があります!!

突然ですがちょっと変わったものがあったのでご紹介。

有料のトイレです!!

1回100円で利用可能なのですが、日本ではこういった有料トイレをなかなか見かけませんよね。

実は海外では有料トイレは当たり前で、駅やバス停に備え付けのトイレは国にもよると思いますがだいたい有料だったりします。

有料にすることでよりトイレの美化にお金を費やすことが出来るので、いつまでも綺麗な状態を保つことが出来、保有する側は嬉しいですし利用者も気持ちよく使用出来ますよね。

海外を参考にこういった有料式が今後どんどん日本に取り入れられていくのではないか、と思っていた矢先に今回これを見つけたので思わず写真を撮ってしまいました!!

 

ちょっと話が脱線してしまいましたね。笑

日帰り温泉の話に戻りますが、金の湯と銀の湯は兄弟みたいな感じであり、セット券というものが売られているのでそれを買いました。

セット券を買うことで安い料金で2つとも楽しめます!!

金の湯、銀の湯のどちらでも購入可能でお値段は850円でした。

私は最初にバス停から遠いほうの銀の湯、後に近い金の湯へ入りました。

こちらは銀の湯。

着いたのはちょうど朝の10時頃ですが、年末ということもあり結構人がいました。

銀の湯には大きな浴槽が1つあり、普通の湯とジャグジーに仕切りで分かれていました。

見た目的には普通のお湯と変わらず、無色透明でしたが温泉特有の「短時間しか入っていないのに体がほてってしまう」ような感じがあったので「ああ、やっぱり温泉なんだ」と実感することが出来ました。笑

シャンプーやボディソープは備え付けられているので持ち込み不要ですよ!!

続いて金の湯ですが、こちらを訪れたのは11時頃。

脱衣所は人でごった返していましたし、受付ではこのように入場制限がかけられていて順番に案内されるといった感じでした。

小さめの浴槽が3つ(ただのお湯、温泉ぬる湯、温泉あつ湯)あり、なかでもぬる湯が一番人気だったのですが、人口密度が高すぎて足なんて伸ばせないほどの混雑・・・。

ですが、金の湯というだけあって湯の色が金色に近く、いかにも効能がありそうだという気がしてなりませんでした!!

金の湯、銀の湯を訪れる際は時間に余裕をもっていくべきだとわかりました。

皆さんも訪れる際には入場制限の可能性も考えてスケジュールを組んでみてください!!

 

【金の湯】

営業時間:午前8時~午後10時

定休日:第二・第四火曜、祝日の翌日、元日

料金:中学生以上650円、小学生340円、幼児無料

【銀の湯】

営業時間:午前9時~午後9時

定休日:第一・第三火曜、祝日の翌日、元日

料金:中学生以上550円、小学生290円、幼児無料

 

3.おすすめの行き方

有馬温泉への行き方ですが、主に電車・バス・車の3つがあります!!

①電車

京都から1時間30分、大阪から1時間、三宮から30分といった具合です!!

いずれの場合も最寄り駅は「有馬温泉駅」となります。
有馬温泉駅から金の湯へは徒歩5分、銀の湯へは徒歩10分程度です。

詳しくはこちらを参考にしてください!!

 

②バス

大阪や京都など各所からバスが出ていますが、最もおすすめなのは三宮から!!

30分で有馬温泉のバス停に到着出来ます。

詳しくはこちらを参考にしてください!!

③車

車で行かれる方はこちらを参考にしてください!!

近くにインターチェンジがたくさんあるのであらゆる方面からのアクセスがしやすいです!!

駐車場に関してはこちら

 

4.最後に

いかがでしたか?

今回は有馬温泉のおすすめ日帰り入浴施設やアクセス方法について書いてきました!!

有馬温泉は非常にアクセスが良いので神戸観光の後に汗を流しに気軽に訪れたいものですね。

そして今回おすすめした「金の湯」・「銀の湯」は人気の高い施設なので時間に余裕をもって訪れることを強くおすすめします!!

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント