ストリートチルドレンの現状~彼らに出会ったらどうしてますか~

情報

 

あなたは道を歩いていてストリートチルドレンに会ったことはありますか?

日本だとまず無いですよね。

発展途上国へ旅行や仕事などで行かれたことのある方は会ったことがあるかもしれませんね。

今回はストリートチルドレンとはそもそも何か、そしてその現状や私たちが彼らに出会ったときの接し方についてまで私の考えや経験を元に記事を作成していきたいと思います。

 

1.ストリートチルドレンとは??

路上で生活をする子供たちのことです。

ストリートチルドレンは実は大きく以下の4つのカテゴリーに分類されると考えられます。

・路上生活
・家族で路上生活
・基本路上生活、たまに家に帰る
・保護されているが今後路上へ戻る可能性あり

家庭が貧しくて子供を育てられないために親が子を捨てたり、親からの虐待に耐えられなくなって家を抜け出したりした子供たちがストリートチルドレンになっていきます。

子供だけでなく、一家で路上生活しているストリートファミリーと呼ばれる人たちもたくさんいます。

ところでストリートチルドレンやファミリーは主にどうやって生き延びているかというと、物乞い・段ボール集め売り・缶ペットボトル集め売り・水やたばこ、菓子売りなど多岐に渡る仕事によります。

フィリピンでタクシーやジプニーと呼ばれる乗り合いバスに乗り信号待ちをしていると、ストリートチルドレンが車道を歩きながら窓をノックしたりして物を売っている光景が日常的に見られます。

また、ストリートチルドレンは犯罪やドラッグなどと常に隣り合わせの環境にいます。

セブの路上でシンナーを吸っている小さな子供たちを実際に何人も見ました。

2.ストリートチルドレンの現状

UNESCOによると、現在世界には1億~1億5千万人のストリートチルドレンがいるとのこと。

正確な数を数えるのは不可能なのでどうしてもアバウトな数になってしまいますが、だいたい全日本人と同じくらいの数ですね。

ちなみに世界の子供の人口は約16億と言われているので、単純計算で世界の子供の6.25~9.37%はストリートチルドレンだということになります。

個人的には無茶苦茶多いと感じるのですが皆さんの印象はいかがでしょうか?

とにかく、路上で暮らす”子供”だけで大人も含めたすべての日本国籍を持つ人と同数いるわけなんです。

3.ストリートチルドレンに対する接し方

ストリートチルドレンに会ったことのある皆さんは今までどのように接していましたか?

また、まだ会ったことのない皆さんは、実際会ったときにどんな接し方をすると思いますか?

私はフィリピンのセブ島に留学していた期間があるのですが、留学先の学校では「ストリートチルドレンは危ないから近づいてはいけません」と教えられていました。

ですから子供たちが声を掛けてきたり、手の平を差し出しながら寄ってきたりしても相手にすることは一切なかったのです。

しかしあるとき、ふと「自分も生まれ育った環境が違ったら彼らと同じような生き方をしていたかもしれない」と思ったのです。

不自由のない日本という国で生まれ育って、日本国籍をもっているから日本の高い賃金のもと働くことが出来て、高い技術の医療を受けられて、年金や生活保護もあって・・・。

きっと彼らも日本の家庭で生まれ育っていたらストリートチルドレンになっていなかったでしょう。

彼らはきっとストリートチルドレンになりたいと熱望して自ら家を出たわけではありません。

経済的な理由で親に捨てられたリ、虐待にあったり、両親が亡くなってどこにも引き取られなかったりしたために、やむを得ずこうなっているのでしょう。

それからは考え方が変わり、少しだけですが小銭をあげるようになったり、持っていたお菓子をあげたり一緒にファストフード店に連れて行ったりもしました。

きっと明日のご飯がない状況で、自分にまだ働く能力がないくらい幼かったり病気や障害を持っている、という状況下だったら普通にみんな手のひら見せるんじゃないかな、と思うんですよね。

それしか生きる方法がないですから。

学校では近づくなと教えられましたけど、自分の目の前に死にそうな子供がいるのに無視するのは本当に適した対応の仕方なのでしょうか。

皆さんはどう思いますか?

 

4.最後に

いかがでしたか?

今回はストリートチルドレンの現状や彼らに対する接し方について考えてきました。

路上で暮らす子供たちを見てどう思うか、寄って来たときにどう対応するか、考え方は人それぞれですし正解はないでしょう。

しかしこの記事を読んで、彼らも物乞いをしたくてしているわけではない、多くは好きで路上生活をしているわけではないということだけは伝わっていたらと思います。

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント