【必見】セントーサ島へは電車”セントーサ・エクスプレス”がおすすめ!!

アジア

 

シンガポールのセントーサ島。

シンガポールに行こうとしている方なら一度は聞いたことがあるはずですし、シンガポール旅行で欠かせない観光スポットの一つだと断言できます。

そんなセントーサ島への行き方は複数あるのですが、「セントーサ・エクスプレス」という電車を使うのが最もおすすめなんです!!

今回私は実際にセントーサ島へ電車を使って行ってきたので詳しく情報共有していきたいと思います!!

 

1. セントーサ島とは??

セントーサ島はシンガポールの南側に位置する島です!!

ギネス認定されている世界最大の水族館「シー・アクアリウム」をはじめ、アジア大陸最南端のビーチ、大型カジノ、「ユニバーサルスタジオシンガポール」、巨大マーライオンなど見どころ盛りだくさんのリゾートアイランド。

2018年6月にトランプ大統領と金正恩委員長がシンガポールで会談をしたのは記憶に新しいと思いますが、それもこのセントーサ島にあるホテルでした。

行き方とは関係ない話をしてしまいましたが、政治・商業・観光と色々な面で注目を集めるこのセントーサ島への最もおすすめしたいアクセス方法を次の項からご紹介していきます!!

 

2. セント―サ島への行き方一覧

セントーサ島へのアクセス方法は主に以下の3つに分類されます。

その中で最もおすすめの行き方が電車であることは既にタイトルで言ってしまっているのですが、一応他の行き方と比較してみて、電車がどれだけお得なのかを確かめていきましょう!!

ちなみに料金は全て入島料込みで表示しています。

 

①電車(モノレール)

料金 4S$

こちらが一番おすすめしたいセントーサ・エクスプレスです!!

後ほど詳しく書いていきますが、セントーサ・エクスプレスの駅はMRTの駅から近いのが良いポイントの一つであり、さらに一度チケットを買えば島内で終日乗り降り自由なので思う存分楽しむことが出来るのです。

それでこの低価格なのがおすすめしたい理由ですね!!

乗り場へのアクセスが良く、一番速くて低料金で乗り放題。

言うことなしだと思います!!

 

②ケーブルカー

料金 大人S$33、子供S$22

ケーブルカーはロープウェイみたいな感じで、景色を楽しみたい方に一番おすすめしたい手段になります。

ただ圧倒的に料金が高いので、景色を楽しむことが一つの目的で来たという方以外の人にとってはあまり魅力的ではないかもしれません。

 

③徒歩

料金 1S$

「セントーサボードウォーク」という約600mの歩道橋を渡ることで入島します。

料金は入島料の1S$だけなので一番安いですね。

時間がたっぷりあって、のんびり行きたい方にとっては良いかもしれません。

しかし島の中でも歩かなくてはならないため、見たいものがいくつかある場合には徒歩は向かないと言ってよいでしょう。

 

3.実際にセントーサ・エクスプレスに乗ってみた!!

本島にいる皆さん、まずは「MRTハーバーフロント駅」を目指しましょう!!

なので、マリーナベイサンズにいようがチャイナタウンにいようがまずはMRTに乗ってハーバーフロントで降りてください。

駅の改札を出るとこのように看板が出ているので「↑E Sentosa Express」の方向へ歩いて行きます!!

すると前方にエスカレーターが。

この男の子が駅は3階だと教えてくれているので、エスカレーターで3階まで上りましょう!!

3階に上がると駅がありました!!

ハーバーフロント駅から3分くらいで到着です。

改札の近くでチケットを販売しているので、人数を伝えてチケットを購入します。

これがそのチケットですね!!

先ほどの改札を通って、あとは電車を待つだけです。

 

ちなみに駅は以下の4つ↓

 

①セントーサ駅(Sentosa)

→MRTハーバーフロント駅徒歩3分

②ウォーターフロント駅(Waterfront)

→シー・アクアリウム、ユニバーサルスタジオなど

③インビア駅(Imbiah)

→マーライオンなど

④ビーチ駅(Beach)

→パラワンビーチなど

 

時間があるならせっかくなので奥から順番に降りてみてはいかがでしょうか?

 

4.最後に

いかがでしたか?

今回はセントーサ島へのおすすめアクセス方法として「セントーサ・エクスプレス」という電車をご紹介してきました!!

金額や時間を考えても一番お得だと思われる行き方ですので、セントーサ島を訪れる際には是非ご活用ください!!

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント