セブ旅行でアルガオに行くべき4つの理由~なぜ欧米人はここを永住先に選ぶのか~

アジア

 

皆さん、セブ島のアルガオ(Argao)という地域はご存じですか??

タイトルにもある通り、ここアルガオは欧米人が永住先に選ぶ街として近年人気が高まっているのです!!

知っている人は知っているこの魅力的な地域。

「セブシティに飽きた」という方や「よりローカルな地域を見てみたい」という方には是非ともおすすめしたいです!!

今回はそんなアルガオに実際に行ってきたので情報を共有します!!

 

1.アルガオ(Argao)とは??

アルガオはセブ島南部の地域で、現地では有名ですが観光客は多くありません。

多くの観光客・留学生はセブ島南部を旅行する場合、「オスロプ」へジンベイザメを見に行ったり、綺麗なビーチを求め「モアルボアル」へ行くのが定番であり、アルガオはどうしてもスルーされがちなのが事実。

しかし、私は声を大にして「アルガオを通り過ぎるのはもったいなさすぎる!!」と言いたいのです!!

その理由を次の項でご紹介していきます!!

 

2.アルガオに行くべき4つの理由

アルガオに行きたくなる4つの理由がこちら!!

 

①セブの田舎を体感できる!!

アルガオに行く最大の理由がこれでしょう。

アルガオはセブシティの喧騒とは打って変わって、とても静かで落ち着いた街です。

全体的に綺麗に整備され、ゴミがほとんど落ちておらず空気が澄んでいるその光景は、やはり良い意味でも悪い意味でも混沌としているセブシティとは正反対です!!

 

②観光業に力を入れ始めている!!

基本的に中心部のどこでもWifiがつながるように整備されました。

アルガオの顔とも言われる「サント・マイケル教会」、そしてその前に広がる整備された、無料Wifiも使える芝生エリア「タウンプラザ」、これぞローカルビーチといった味のある「マハヤハイビーチ」。

他にも見どころはいくつもありますが、近年観光業に力を入れ始めたのでこの地域が有名になるのも時間の問題かと思われます。

人気になる前に訪れてツウぶりたいなら今が最後のチャンスかも!?

 

③名物トルタ(Torta)が美味い!!

トルタは地元の人たちに愛されているフィリピンのチーズケーキ。

シフォンケーキのようなフワフワしたつくりで、見た目は少し大きいですが甘くて美味しいので余裕で食べれてしまいます!!

このトルタはフィリピンを代表するお菓子のひとつですが、ここアルガオの名物。

本場のトルタをアルガオで味わいましょう!!

 

④人気観光地に近い!!

シマラ教会という、参拝すると難病が治るという言い伝えがあるセブ島屈指のミラクルスポットまでバスで15分+バイタクで10分。

キリスト教信者が9割を超えるフィリピンですから、旅行の際には教会も見学しておきたいところですよね。

もしどの教会に行こうか迷っていたら、ここへ行けばまず間違いありません。

現地で知らない人はいないここシマラ教会は、他の教会とは見た目のインパクトから違います!!

まるで中世ヨーロッパのお城みたいな、とても立派でカッコイイ!!

さらに「参拝したら難病が治った!!」などの声もあり、現地では奇跡の教会として有名なのです。

午前8時~午後8時まで見学は無料で出来ますから、アルガオとセットで訪れたい観光スポットですね。

 

3.実際に行ってきた!!

2018年、私はセブ島のアルガオへ実際に行ってきました!!

セブへは複数回来ているものの、アルガオへ行くのはこれが初めて。

セブシティ内の「サウスバスターミナル」からバスに揺られることおよそ2時間、乗務員の「Argao!!」という呼び掛けに反応しバスを降りました。

ちなみにバスは予約不要、料金は発車してから席に乗務員が回収に来るので細かいお金を準備しておきましょう!!

セブシティとは打って変わってのどかな雰囲気

背の高い建物がなく、見晴らしがいい。

セブシティとは違うセブの空気を感じられて、これだけで来た甲斐があったと思ってしまいました。

 

アルガオの観光は徒歩で十分回れます。

バスを降りて一直線、まずは「マハヤハイビーチ」目指して歩きます。

街は静かで、時折通る車の音がすごく響く。

本当にのどかで平穏な印象です。

田園を眺めながら歩いていると、遠くに牛を見つける。

治安が良くない印象のあるフィリピンですが、ここに限ってはどこか別世界のような気がしてなりません。

10分ほどでマハヤハイビーチへ到着。

透明度はこんな感じ。

犬もぐったりくつろいでいます。

田舎のローカルビーチという感じですね。

平日の昼間だからか、この時は閑散としていました。

マハヤハイビーチはこちら↓

 

続いてはアルガオを代表するスポット、「サント・マイケル教会」

立派な外見で、無料で見学することが出来ます。

庭部分にあたる「タウンプラザ」はしっかり整備されていてとても綺麗。

敷地内はフリーWifiが通っているので利用させてもらいました!!

サント・マイケル教会はこちら↓

 

最後はアルガオ名物「トルタ」を頂きます。

たしか30ペソほどだったような・・・。

安いことは間違いないです。笑

サント・マイケル教会のすぐ近くにあるので是非!!

トルタのお店「Chitang’s Torta Bakery」はこちら↓

 

4.アルガオの行き方

手段:バス(予約なし)
乗り場:セブシティ「サウスバスターミナル」
時間:約2時間(時刻表
料金:80~90ペソ程度(変動あり)
 
 
The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント