マリーナベイ・サンズはチェックアウト後シャワーと荷物預かりサービスがある!?

シンガポール

 

帰国便が夜だと、チェックアウトして観光して汗かいてそのまま飛行機・・・。

荷物持ったまま観光は辛いけどロッカーに預けるのもお金掛かるし・・・。

 

そんな時には世界のマリーナの出番。

シンガポールのマリーナベイ・サンズ はチェックアウト後のサービスも超一流でした・・・。

2018年10月某日、実際に泊まってシャワー・荷物預かりサービスを利用してきたので共有します!!

 

1.チェックアウトの方法

英語が出来ればタワー1or3の通常カウンターでチェックアウトしても良いですし、英語に不安があれば日本語専用カウンターがタワー1側にあるので利用させてもらいましょう。

 

しかしチェックアウト時刻の午前11特近くになるとカウンターは混み合います。

2500室もありますから、稼働率の低い日でもピーク時は当然列になってしまいます。

その対策として「エクスプレスチェックアウト」という仕組みがあり、これはロビーにいくつか点在する銀色のポストのようなものに、チェックイン時にもらった記入用紙に必要事項を記入した状態で投函するだけでチェックアウトが完了してしまうものです。

記入用紙を例えなくしてもポストに用紙と鉛筆が備えられているので問題ありません。

 

しかしこれは特別珍しいサービスではないでしょう。

今回共有したいのは次の2つの項目です。

 

2.荷物預かりサービス

まず荷物預かりに関してですが、タワー1の一番端(外から入って左手)に荷物預かり所があります

チェックイン前からチェックイン後まで、とにかくマリーナベイ・サンズに泊まるなら荷物を預かってもらえます!!

 

どれくらいの期間預かってもらえるのかというと、最長30日間。笑

まずコインロッカーのように時間や日付を気にする必要は無いと言えるでしょう!!

チェックイン前に預けるなら預け所で用紙の記入、チェックイン後なら部屋番号を言えば引換券をくれて預かってもらえます。

 

普通チェックアウト後はもう「さようなら」ですよね。

しかし世界のマリーナはチェックアウト後まで面倒を見てくれます!!

 

荷物を持ちながらの観光はかなり億劫ですからね・・・。

地味に結構嬉しいサービスです!!

 

無料で荷物を預けられる場所としてもう一つ、カジノがあります。

カジノはマリーナベイ・サンズ併設のショッピングモール内にあるのですが、駅の改札からも近いのでこちらに預けるのも十分アリ!!

荷物を預けてカジノでフリードリンクを楽しみ、ショッピングを満喫して荷物を受け取ってそのまま電車に乗るなんてことも推奨するわけではありませんが出来てしまいます。

ご自身のプランに合わせて預け場所を考えてみてください!!

 

3.シャワー利用

続いてはシャワー利用についてです!!

夜フライトの時なんかはもうチェックアウトしてしまっていますから、汗だくのまま飛行機へ・・・なんてことも十分考えられます。

空港のラウンジを使える会員であればシャワーも浴びられるでしょうから問題ありませんが、私も含めそうでない方のほうが多いでしょう。

 

そんなときに助けてくれるのがマリーナベイ・サンズ。

なんとチェックアウト後でもホテルのシャワーを使わせてもらえるのですから驚きです!!

実際にチェックインカウンターにてチェックアウト後にシャワーを浴びられるかを尋ねてみると、「荷物札をタワー2の55階にあるジムで見せると使えますよ!!」と言われました。

早速エレベーターでタワー2の55階を目指します!!

55階にはトレーニングジムが。

使わせてもらえるのはこちらのシャワーです!!

受付で「I’d like to use a shower」と言えばOK。

荷物札を提示し、名前などを用紙に記入していざ入室!!

 

中の写真もしっかり撮りたかったのですが、利用者の方がいらっしゃったので断念。

シャワーブース4つにインフィニティプールを小さくしたような風呂が1つ。

 

備え付けのアメニティは、

・シャンプー、リンス、ボディソープ

・バスタオル

・ドライヤー

・綿棒

・ヘアジェル、ボディローション

・カミソリ

などなど。

申し分ありませんね!!

 

もちろん鍵付きのロッカーもあるので安心です!!

身も心もすっきりして空港へ向かうことが出来ますね!!

 

 

いかがでしたか?

今回はマリーナベイ・サンズのチェックアウト後におけるシャワーと荷物預かりサービスについて書いてきました!!

マリーナベイ・サンズに宿泊するなら使わない手はないです。

是非最後まで最高のサービスを堪能させてもらいましょう!!

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント