銀山温泉日帰り大衆浴場は3ヵ所のみ!!個人はしろがね湯、集団はおもかげ湯へ!!

東北

 

皆さん、山形の銀山温泉はご存じですか?

 

銀山温泉には旅館が立ち並んでいますが、旅館の温泉は基本宿泊客優先。

完全に日帰りNGの旅館もあれば事前予約すれば利用可能なところもあります。

 

しかし日帰り客が時間を気にせずふらっと訪れて気ままに楽しめる温泉スポットは20189月現在3ヵ所の大衆浴場のみとなっているので注意が必要です。

 

ということで、今回はその3ヵ所について紹介していきたいと思います!!

 

1.銀山温泉とは

 

その前に少しだけ銀山温泉について触れておきましょう!!

 

銀山温泉とは、山形県東部の尾花沢(おばなざわ)市にある温泉のことです。

NHKの朝ドラ「おしん」の舞台になったことで全国的な注目を集めたのは記憶に新しいのではないでしょうか?

 

大正~昭和にかけて建築された洋風・木造の建物が立ち並び、昔にタイムスリップしたような懐かしい感覚にしてくれます。

本当にどこを撮っても絵になる、趣のある温泉街です!!

 

旅館のすぐそばには川が流れており、魚も泳いでいます。

 

定番のたぬきもいます。

2.しろがね湯

 

それではまずは1軒目、しろがね湯のご紹介です!!

しろがね湯は温泉街の手前にある共同浴場ですが、三角形で黒一色という個性的な形の建物なので割とすぐに見つけられますよ。

2階建てで、1階と2階で男女の湯が日によって入れ替わります。

好評なのは2階のお風呂で、外の景色を眺めながら入れるのでこの日に来られた方はラッキーです!!

 

シャンプーやボディソープは完備、シャワーの湯もしっかり出ます!!

17時からは地元に住んでいる方々専用の利用となるので、それまでに使わせてもらうようにしましょう!!

【営業時間】8:00~17:00

【料金】大人500, 小学生以下200

 

3.おもかげ湯

 

中央の通りから少しはずれたところにあるのがおもかげ湯

ちょっと変わったシステムで、何名でも150分合計2,000円で貸し切りという仕組みになっています。

 

ですので1人で訪れる方には割高かもしれませんが、家族や友人と訪れる場合はむしろ安く済むかもしれませんし、貸し切りなのでゆったり過ごせることが約束されているのが嬉しいポイントです!!

 

湯船はだいたい6~8人程度用のもので、特別大きいわけではないので適度な人数で利用するのが吉でしょう。

【営業時間】10:00~18:00(17:00最終受付)

【料金】502,000

 

4.かじか湯

 かじか湯は残念ながら、20189月現在取り壊し中

300円という低価格とカランで冷水を加えながらでないと熱くて入れない湯船で有名な元祖大衆浴場でしたが、建物の老朽化が原因でしょうか、工事の真っ只中でした。

かじか湯の代わりに新しい大衆浴場が出来たら良いですね!!

 

番外編. 足湯

 

ご紹介した3つのスポット以外にも日帰りで利用可能な場所があります。

それが足湯です!!

 

足湯は温泉街の真ん中に位置しているのですぐに見つけられるでしょう。

無料で誰でも楽しむことが出来るので利用したいですね!! 

 

銀山温泉の源泉を利用した足湯なので、時間がないから温泉には入れないという方たちには最適なスポットと言えるでしょう!!

 川の魚を眺めながらゆったりとした時間を過ごしては?

いかがでしたか?

今回は銀山温泉における日帰り大衆浴場をご紹介しました!!

夜の銀山温泉はより風情があって良いですね。

基本1人で訪れる場合はしろがね湯、集団で訪れる場合はおもかげ湯が良いと覚えておけば間違いないでしょう。

現実離れしたロマンある街並みを存分に楽しんできてください!!

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント