セブ島留学ブログ~人気語学学校2校の体験談を口コミします~

フィリピン

 

セブ島と聞いて、皆さんは何を思い浮かべますか?

セブ島は世界屈指のリゾートアイランドですから、「綺麗な海」「南国」といったイメージを思い浮かべる方が多いと思います!!

それはそれで正解なのですが、セブ島は実は現在留学地として”かなりアツイ”ことをご存じでしょうか?

 

今回は実際にセブ島の日本人に人気の高い2つの語学学校へ留学してきた私の体験談をありのまま口コミします!!

 

1.セブ島語学留学とは?

そもそもセブ島留学は良いのか、という口コミからしていきたいと思います。

 

実は日本をはじめとしたアジア各国では今フィリピン留学への視線がアツイんです!!

フィリピン留学に関するブログも数えきれないくらい存在しますよね!!

でも実際“留学”と聞くと、どうしてもアメリカやカナダ、イギリスなどの欧米圏を想像しがちなので「え、フィリピン??」と驚かれることが多いです。

 

しかし今現在、日本人の欧米への留学者数は低迷している一方、フィリピンへの留学者数に限っては右肩上がりの増加傾向にあるのです!!

こちらのグラフと表をご覧ください↓

 (出典:文部科学省)

フィリピンへの2015年度留学者数前年度比は驚愕の+29.4%、2016年度も+19.3%と超右肩上がりで留学者が増えています。

従来の定番留学地であったアメリカやカナダ、イギリスなどと比べると一目瞭然と言えるでしょう。

フィリピンが英語留学の定番の行き先となるのも時間の問題かもしれませんね!!

 

ではなぜフィリピンが人気なのか。

なぜセブ島留学がアツイのかを口コミしていきましょう!!

 

①物価が安い

発展途上国であるが故、物価が恐ろしく安いです。

ミネラルウォーター(500ml) 15円~
マクドナルドのソフトクリーム 20円
パン屋のパン 5円~
タクシー初乗り 80円
ジプニー(バス) 15円

ということで、全体的にお金が掛かりません!!

日本からの航空券も往復3~4万円、語学学校に支払う費用も欧米の1/2~1/3で済みますから、お金が無いけど留学したいという方にうってつけなんです!!

 

②英語レベルが高い

フィリピンでは第一言語がタガログ語、第二言語が英語と定められています。

小学校から授業は全て英語で行われます。

算数も理科も社会も全て英語です。

つまり英語は出来て当たり前の環境で育っているのです。

さらに、フィリピンではBPOという外部委託業務の請負で、観光業とともに国を支えている分野だと言っても過言ではありません。

BPOはつまりコールセンターだと理解して頂ければ大丈夫で、欧米の企業から国レベルでコールセンター業務を請け負っているということです。

つまり、仕事でバリバリ英語をネイティブ相手に使っているということですね!!

ネイティブに引けを取らないレベルの高い英語教育をフィリピンで受けられるということです。

 

③マンツーマン授業

私がフィリピン留学のメリットとして最も推したいのはこのマンツーマン授業です!!

欧米留学では日本の英語の授業と同じように、クラスで集団授業というのが基本です。

しかしフィリピンでは生徒と先生の1対1の授業が基本となります!!

1対1なので、わからないことはすぐに聞けますし、何より会話量が必然的に何倍もの差になるでしょう。

集団授業だと適当に流せてもマンツーマンならそうはいきませんし、自分が喋らないことには授業が進まないというか沈黙になるだけなので必死に頑張って話そうとします。

スピーキング力を向上させるには最高の環境が用意されているんですよ!!

 

④比較的治安が良い

フィリピンは治安が悪い、というイメージがありませんか?

これに関しては正直全く否定出来ません。笑

何を隠そう銃社会ですから、現地人とのトラブルには十分気を付けたいものです。

しかしセブ島はフィリピンの中ではかなり治安が良いと言えます。(もちろん日本よりは悪いです)

大統領が変わったことで麻薬撲滅運動が本格的に進みましたし、セブ島内の危険な地区を治めるトップも交代して街の様子がここ数年でもかなり様変わりしたように感じます。

現在は高層ビル、マンションの建築が各地において猛スピードで行われていて、一層の発展を見込んでいるでしょうから治安はどんどん良くなっていくと思われます。

スリやぼったくりに十分気を付けていれば基本的には問題ないでしょう!!(万一の際は自己責任で)

 

⑤アクティビティが盛ん

マンツーマン授業はとても勉強になりますし楽しいですが、不慣れな英語を一日中喋らされるのはどうしてもストレスになります。

そこでセブ島の本領発揮です!!

セブは世界屈指の人気リゾート地として知られるように、無人島巡りをするアイランドホッピングやジンベイザメと泳ぐツアー、おしゃれなショッピングモールに東南アジアの雰囲気を醸し出すマーケットなど観光スポットを挙げたらキリがありません。

平日は授業を頑張って、休日は英語の実践も兼ねて外の世界へ繰り出しましょう!!

 

2.私のセブ島留学体験談

私は2015年に2校、計半年間留学しました。

そのときの体験談を記していきます!!

2校留学して1つ目は純粋に語学留学、もう一つはゼロ円留学という制度を利用したものでした。

 

①SMEAGスパルタというセブの老舗語学学校

SMEAGスパルタ(セブイングリッシュ)

まずはSMEAGスパルタという韓国資本の語学学校です。

 

先ほどあえて書きませんでしたが、フィリピン語学留学の大きな特長の一つとして”スパルタ教育”が挙げられます。

これは、授業中において問題を間違えると突然アッパーを喰らったり、眠そうにしているとムチで打たれるという意味のスパルタではありません。笑

 

とにかく英語漬けのスケジュールを課されるということです。

具体的に私は午前6時40分から午後10時まで食事の時間を除いてガッツリ授業が入っていました。

しかも学校の敷地内はEOP(イングリッシュ・オンリー・ポリシー)という制度が設けられており、その名の通り英語しか喋ってはいけないというものです。

母国語で会話しているのを先生やセキュリティガードに聞かれるとペナルティとして罰金や週末の金曜夜の外出禁止などが課されるので安易に喋れません。

 

ところで金曜の夜外出禁止と書きましたが、この学校では金曜の朝に行われる小テストで点数が芳しくないと金曜の夜に外出することが出来ません。

ちなみに月~木曜は有無を言わさず全員外出禁止です。

というより入口出口では24時間セキュリティガードが見張っていますし、そもそも授業が遅くまであるので出られません。

 

また、校則を破るとペナルティが課されます

門限に間に合わない、授業をサボるなどですね。

ペナルティが5ポイント溜まるともれなく強制帰国となります。

実際平日に無理やり塀を越えて外出したモンゴル人の学生は一発で強制帰国となりました・・・。

まるで刑務所のようですが、実際先生たちもこの学校を刑務所だと呼んでいました。笑

 

しかし裏を返せばそれだけ英語の勉強に集中できる環境を作ってくれているということなので、本気で勉強したい方たちには本気でお勧めしたい学校です!!

 

これでセブ島留学こわ・・・。

と誤解して欲しくないのですが、実際学校や学校の定めるコース・プランによって、スパルタなのかセミスパルタなのかノーマルなのかユルユルなのかは全く異なります。

ご自身の目的に最適なプランを選びましょう!!

 

この体験談についてもっと詳しい内容はこちら↓

【体験談】実際どうなのセブ島留学!?SMEAGに短期入所した話
私が実際にフィリピンのセブ島に短期留学した、その成果はいかほどのものかということや、学校のことについて書いていきます!! 留学。 誰しも一度は憧れるものじゃないですか? 留学といえばアメリカやイギリ...

 

②AHGS(アーグス)でゼロ円留学

【0円留学】AHGS English Academy

 

2つ目の学校はAHGS(アーグス)という語学学校です。

この学校にはゼロ円留学というプランがあり、午前中AHGS(アーグス)のコールセンターでインターン生として働く代わりに午後は無料で英語の授業が受けられて、ご飯やホテルも保証してくれるという内容でした。

私の場合は少し特殊で、AHGS(アーグス)と提携している別の企業でインターンとして働いて授業だけAHGS(アーグス)にお世話になるという感じです。

 

SMEAGと違って日本資本であることから、生徒はほぼ日本人で構成されていました。

授業は個室ではなくパーテーションで仕切られているだけだったので時折周りの声が気にならなくもなかったですが、先生たちの英語レベルが総じて高く教え方も上手で楽しい方たちばかりなので大満足でした。

EOP制度もありますから、生徒が日本人だけとはいえ日本語での会話は基本的にありません。

お金がないけどしっかりしたところで安心して英語を学びたい、ということであれば全力でお勧めしたい学校です。

 

私の場合問題はAHGS(アーグス)ではなくインターン先の企業にありました。

インターン先の日系企業がコスト削減のため労働ビザを手配せずに従業員を働かせていたのです。

国から目を付けられていて、ある日突然立ち入り調査が入りました

私たちスタッフは訳がわからないまま裏口の非常階段から外に逃がされ、社員がその場を取り繕うという展開に。

結局その時は事なきを終え、私は間もなく帰国したのですが、その後その企業がどうなったかはわかりません。

他にもこういった日系のブラック企業はセブに点在すると聞きますので、ゼロ円留学する際は事前にしっかり情報収集しないといけないと感じました!!

私もビザについては事前に会社に確認して、大丈夫だということで働いていたのにこうなったので皆さんは同じ目に合わないように気を付けてください。

 

この体験談についてもっと詳しい内容はこちら↓

【体験談】実は怖い!?セブ島0円留学でインターンしてきた話
これは私が実際にフィリピンセブ島0円留学でインターンして怖い目にあった話です。 「ゼロ円留学 怖い」で結構検索されている方が多いみたいなので、これから行こうか悩んでいる方に私が体験したありのままをお伝えします。 留学したいけどお...

 

3.まとめ

セブ島の留学事情について本音を口コミしてきましたがいかがでしたか?

個人的に、セブ島留学は総じて良かったと言えます!!

TOEICの点数が半年で400点弱上がったという目に見えた成果もありますが、なによりも

全く違う文化、環境で育った異なる考えをもつ様々な国の方たちと会話出来るようになったことが一番の収穫だったと感じます。

特にフィリピンは日本とは違って発展途上国なので、見るもの聞くもの全てが新鮮で少なからず自身の価値観に影響を与えることでしょう。

このブログを参考に是非留学を検討してみてください!!

また、ブログ内ではセブ島に関する他の記事もたくさんあるので見て行ってくださいね!!

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント