カナダワーホリの費用は1年間でいくら??実際に私がワーホリで使った金額を公開!!

カナダ

 

カナダでワーキングホリデー。

この記事に辿りついたということは、少なからずワーホリに興味を持っていて、どれだけ費用が掛かるのか気になっているでしょう。

今回は私が実際に体験したカナダでの1年間のワーホリを通して実際に掛かった費用節約の裏技を公開し、これから行く皆さんの手助けとなる記事を書いていきたいと思います!!

 

1.1年間で掛かった費用

合計準備額:120万円

ワーキングホリデーで渡航の場合は後から収入が入ってくるので最初はこの額で十分だと思いますが、もし語学学校に長期で通いたいのであればもう少し用意する必要があると思います。

ただ、過ごし方にもよるのでいくらあれば絶対大丈夫とは言えませんが、当然貯金は多いに越したことはありません。

 

私は学校へ2ヶ月ほど通い、その後仕事をし始めました!!

思ったよりも仕事探しが難しいと私は感じましたし、特に希望の職種がある場合は本当に大変です。

仕事を短期間で見つけられないことも予め想定して多めの金額を持ってきて良かったと感じました!!

 

①費用の内訳

・往復航空券       :-15万円

・ビザ          :-1.5万円

・海外旅行保険(6ヵ月)   :-8万円

・ホームステイ(2ヵ月)   :-20万円

・学費(2ヵ月)       :-25万円

・家賃、光熱費(10ヵ月)   :-70万円

・食費(12ヵ月)       :-25万円

・交通費         :-10万円

・雑費          :-20万円


計            :-195万円

合計195万円掛かりました!!

やはり海外旅行保険が半年分で済んでおよそ8万円の節約になったのは大きかったです!!

 

家賃・光熱費などはシェアルームにすることで上記の半分の金額に済ませることも可能ですし、交通費や雑費は人によって異なるのであくまで参考として捉えてください。

それとスタンダードではないかもしれませんが、ホームステイと学校に費やす2ヵ月をすっ飛ばしていきなり働ければかなり費用を節約出来ますね!!

 

しかしカナダ国内を旅行して帰ろうと考えるとこれ以上にお金が必要になると思われるので注意が必要です。

 

②収支

掛かった費用を見てきたので、今度はカナダでのアルバイト収入も加味して合計収支がいくらになったのかを見ていきましょう↓

 

・費用合計       :-195万円

・アルバイト(10ヵ月)   :+160万円


計            :-35万円

元々120万円持って行って、85万円残して帰ってきた感じです。

もっとガッツリ働けば掛かった費用全てを補うことくらいは出来たかもしれません。

収支をプラスにして帰っている友人も実際いたので、しっかり働くつもりであれば初期投資は1年後には回収出来て、資金を増やして帰ってくることも十分可能だと考えて良いでしょう!!

 

2.節約術

保険に関しては一時帰国する必要があった為、無料クレジットカードの付帯保険を利用しました!!

渡航時に持参するだけでいざという時に海外旅行保険が使える優れものなんです!!

【体験談】セブでまさかの入院!?クレカ付帯保険に感謝の巻
皆さんは海外に行かれる際、海外旅行保険を契約しますか? それともクレジットカードの付帯保険に頼りますか? 今回私はセブ島での語学留学中に入院することになり、クレジットカード付帯保険のありがたみを知ったので...

カナダワーホリでは使用しませんでしたが、フィリピン留学の際に実際に使用した話です↑

私のこのクレジットカードは渡航するだけで3ヶ月間無料でキャッシュレスの保険が使えます。

 

また、3ヶ月経過後に上記のクレジットカード付帯保険が無効になってからは、交通機関に対して支払いをすると保険が有効になるクレジットカードも持参していたので、更に2ヶ月分無料で保険を利用することが出来ました!!

年会費が約3,000円掛かりますが、このクレジットカードには電車やタクシー、バスなどを利用することで有効になる保険が付いているのです。

 

一体どういうことかと言いますと、多くのクレジットカードの海外付帯保険は自動付帯であり、海外に着いた初日から自動的に保険が有効になってしまうので、3ヵ月しかお世話になれません。

しかし2つ目のカードは利用付帯と言って、交通機関の支払いなどに利用することで保険が有効になります。

つまり、最初の3ヵ月+2ヵ月の合計5ヵ月間カードの保険に頼ることが可能になるのです!!

 

この裏技はもちろん合法なので安心してください。

これだけ長期で海外に行く機会なんてあまりありませんから、ほとんどの人が知らない技だと思いますよ。

 

私の場合はメトロパスという定期券をこのクレジットカードで購入して保険を付帯させました!!

風邪を引いたときに1度利用しましたが、問題なく使用可能でしたのでコストを抑えたい方は検討することを強くオススメします!!

 

また、クレジットカード会社によって付帯されている保険内容が異なるので、ご自身で調べて納得のいくカードを申し込むのが良いでしょう。

 

3.最後に

今回はカナダワーホリにおける実際に掛かった費用を公開しました!!

この記事を参考に、自分の場合はあの費用が掛からないけどこの費用は掛かりそうだから合計これだけ準備すれば大丈夫だろう、と見通しを立ててみてください。

計算すれば稼ぐモチベーションにもなりますし、何より安心出来ると思いますよ!!

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント