ウインナーコーヒーの由来とは??あのウインナーとは全く関係ないの??

欧米

 

「ウインナーコーヒー」という単語を初めて聞いたとき、コーヒーの中にウインナーソーセージが入っているのを想像してしまったのは私だけではないはず。笑

 

しかし、ウインナーコーヒーのウインナーとは何が由来なのでしょうか?

今回は、ウインナーコーヒーの由来を始めとした豆知識を書いていきたいと思います!!

 

1.ウインナーコーヒーとは??

ウインナーコーヒーとは何か、説明は要らないほど日本人にとってはポピュラーですよね!!

上の写真の通り、ホットコーヒーにたっぷりの生クリームを乗せた、甘さと苦さのコラボレーションが贅沢なやつです。

 

決して、コーヒーの中にウインナーソーセージが入っているいかにも美味しくなさそうなやつではありませんね。笑

 

2.ウインナーコーヒーの由来とは??

ウインナーの名称の由来は「ウィーン風」です。

ウィーンはオーストリアの首都であり、ここのコーヒーが由来となっているわけなのです!!

 

ちなみにウィーンのローマ字表記はWienであり、そこに由来してウインナーのローマ字表記はWienerとなっています。

 

オーストリアを訪れたら本場のウインナーコーヒーを頂きたいものですが、間違ってもウインナーコーヒーくださいなんて言わないようにしましょう!!

 

なぜなら、当然オーストリア国内では「ウィーン風のコーヒー」などと言わないからです。

アメリカにアメリカンコーヒーなんてないのと同じことですね!!

 

オーストリアでウインナーコーヒーの由来となったコーヒーを注文したいなら、「アインシュペナー」というちょっと聞き慣れない名前のものを頼みましょう。

このアインシュペナーが本場の味なんですね!!

写真で見ても、確かにウインナーコーヒーです!!

 

オーストリアではコーヒーはもちろんこのアインシュペナーが一番人気なんだろうなと思いきや、「メランジェ」というカプチーノのようなコーヒーが最も好まれているのだそうです!!

View this post on Instagram

Favourite coffee 😘 #coffeeforone #melange

A post shared by Jamie Lee (@jamieleecm) on

これはこれでとても魅力的ですね~。

飲まなくても美味しさが伝わって来ます!!

 

3.ウインナーコーヒーの作り方

せっかくウインナーコーヒーの由来を知ったことですし、飲みたいときに自分で作れるようになっておいて損はないということで、作り方も簡単なので覚えておきましょう!!

 

【ウインナーコーヒー1杯の材料】

・濃い目のコーヒー100~150cc

・ホイップクリーム(生クリーム)30cc

・グラニュー糖(ザラメ)5g

・トッピング(ナッツ)少々

 

 

【作り方】

①グラニュー糖少々をカップに入れます。

②濃いコーヒーを一杯分抽出し、カップへ注ぎます。

③市販のホイップクリームで表面を覆うか、生クリームを泡立てて注ぎます。

 

重要ポイント!!
濃い目のコーヒーを抽出することで、より甘さとのコントラストを楽しめる

 

いかがでしたか?

今回はウインナーコーヒーの由来やその他豆知識について共有しました!!

この記事を読んでウインナーコーヒーが飲みたくなってしまったら、是非材料を揃えてご自身でこだわりの一杯を作ってみてくださいね!!

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント