広島の宮島厳島神社観光ツアーやアクセス方法|夏・秋の宮島イベント情報

中国

日本三景のひとつ、安芸の宮島。

世界遺産にも認定されている厳島神社がある宮島には修学旅行・家族旅行等で一度は訪れたことがある方も多いと思いますが、宮島は四季折々でそれぞれ楽しみ方があることはご存知ですか?

今回はアクセス方法やツアーに加え、夏・秋限定のイベント情報もご紹介していきます!!

冬~春のイベント情報はこちら↓

広島の宮島厳島神社へのアクセス方法|冬~春の宮島イベント情報も紹介
皆さんは広島県にある、世界遺産宮島に行かれたことはありますか? 季節によってさまざまな顔を見せてくれる宮島ですが、私の個人的なおすすめは特に冬です!! 今回は冬~春にかけて宮島において行われるイベント情報とともに、見どころを紹介して...

 

1.アクセス方法

どこから 行き方
広島空港 広島空港ー(リムジンバス)ー広島駅ー(電車)ー宮島口駅ー(フェリー)ー宮島(計85分)
岩国空港 岩国空港ー(バス)ー岩国駅(電車)ー宮島口駅ー(フェリー)ー宮島(計50分)
広島駅 広島駅ー(電車)ー宮島口駅ー(フェリー)ー宮島(計40分)
車(大阪方面) 広島ICー(高速)ー五日市ICー(高速)ー廿日市ICー(一般道)ー宮島口桟橋ー(フェリー)ー宮島(計50分)
車(九州方面) 岩国ICー(高速)ー大竹ICー(高速)ー大野ICー(一般道)ー宮島口桟橋ー(フェリー)ー宮島(計45分)

↑飛行機・電車・車でのアクセス方法です。

 

ちなみに東京~広島までは飛行機・新幹線・鉄道・高速バスがそれぞれ発着しています。

なお、おすすめ順としては新幹線>飛行機>バス>電車となります。

 

確かに飛行機の方が新幹線よりは早いですが・・・

①空港自体が広島市内からかなり離れた山奥にある(アクセスが悪い)

②空港周辺には娯楽施設がなく、空港自体も小さめなので待ち時間の暇つぶしに苦労する

以上の点からアクセス面・利便性を含め、特に初めて行かれる方へはまず迷うことのない新幹線をオススメします!!

 

バスや電車は時間と体力のある方向けですね。

深夜バスや青春18きっぷを使うと破格の安さで行けますよ!!

 

2.宮島厳島神社観光ツアー

移動と宿泊がセットになったツアーで宮島へ行こうと考えている方向けです!!

 

宮島厳島神社観光をしっかりお楽しみ頂く為に宿泊地を宮島に設定したツアープランのみご紹介します!!

宮島でも有数の老舗旅館や趣のある旅館でワンランク上の旅を体験してみてはいかがでしょうか??

 

2つご紹介しますが、どちらもJRと宿泊がセットになったツアープランです↓

 

①<JR+宿泊>セットだからお得!時間&駅も自由に選べる♪ 岩惣 1泊2日 お得なっとく!夏の旅 ★ ¥45,600~(2名1室)

http://www.tour.ne.jp/j_tour/7657878/?dpt_date=20170700&adult=2&room=1&kind=1&search=%253Fdpt%253D16%25257C129%2526dst%253D7-37-519

 

②<JR+宿泊>セットだからお得!時間&駅も自由に選べる♪ ホテルみや離宮1泊2日 Webコレスペシャル 夕食は穴子・牡蠣など海の幸を使用した「厳島会席」をご用意♪1部屋に付500円分の館内利用券1枚付♪★ ¥40,300~(2名1室)

http://www.tour.ne.jp/j_tour/7308050/?dpt_date=20170700&adult=2&room=1&kind=1&search=%253Fdpt%253D16%25257C129%2526dst%253D7-37-519

 

ツアーだとホテルの手配やアクセス方法で悩むこともないのでオススメです!!

日帰り旅行だと天気が悪くて楽しめなかった・・・となるかもしれませんが、宮島に泊まれば美しい厳島神社を見れる確率が格段にUPしますね!!

 

3.宮島の夏イベント

 

宮島の夏の2大イベントと言えば「管弦祭」・「宮島水中花火大会」です!!

 

どちらも8月に行われますが、特に「管弦祭」は日本三大船神事のひとつであり、且つ厳島神社の神事の中では最も規模の大きな神事である為、

毎年管弦を奏でながらご神体を載せて幾つかの神社を巡る御座船のお供ができる参拝者向けのツアーは、チケット発売の翌日に売り切れるほど人気が高いです!!

 

「管弦祭」「宮島水中花火大会」を宮島から眺めたいという方は1年前くらいから各ホテルへ問い合わせを行い、押さえておいた方が確実です。

ホテルによっては水中花火大会の日の宿泊については抽選にて受付をされている所もあるようです。

 

①管弦祭

宮島 管絃祭、厳島神社にて Miyajima Festive occasions "KANGENSAI"

期日:2018/7/29(日) 

時間:15~23時

場所:厳島神社及び周辺の摂社

 

平清盛が神様をお慰めする神事として執り行うようになったことがきっかけで始まったもので、

管弦の調べが流れる御座船に厳島神社の御神祭(比売神:ひめがみ)を載せ、地御前神社・長浜神社・大元神社の順で巡行、奉奏した後、再度狭い枡形の中を3周し、厳島神社本殿へと還るまでを「管弦祭」と呼びます。

 

尚、神様を載せた御神輿である「御鳳輦(ごほうれん)」の上にある鳳凰は祭の最後に一旦外されるのですが、それに触れると幸せになるという言い伝えがあるそうなのです!!

もし管弦祭に参加された場合は、こちらにも是非挑戦してみて下さい!!

より一層、旅が思い出深いものになると思います。

 

②宮島水中花火大会

2017宮島水中花火大会フィナーレ 第7景 「宮島 そして今」

期日:2018/8/25(土)

時間:19:40~20:40

場所:宮島大鳥居沖合

 

宮島の夏の風物詩とも呼ばれているイベントで、水上花火船から海中へと投げ込まれる花火は宮島の大鳥居や社殿をより美しく際立たせ、見る者の心を惹きつけて止まないといいます。

また毎年30万人が訪れるとも言われており、現地は多くの地元民や観光客で賑わうため、花火大会後は公共交通手段が麻痺してしまうことも・・・。笑

 

しかしこのように渋滞・人ごみが最大レベルであっても、それ以上に花火の美しさが他の花火大会からも群を抜いて素晴らしいと評判ですので、見る価値は十分にあると思います!!

 

4.宮島の秋イベント

 

夏と同じくらいアツイのが秋の宮島!!

宮島桟橋から徒歩20分、厳島神社からだと徒歩5分程度の場所に位置する紅葉谷公園の紅葉は11月中旬~下旬が見頃となっています。

毎年さまざまな種類に植えられた計700本の木々が紅葉すると山は燃えるような赤となり、広島県内有数の紅葉スポットとしても紹介されていますよ!!

 

また秋は舞楽や献茶のイベントが多く、紅葉が本格的となる11月中旬からはダライラマ法王開眼のチベット仏が期間限定で公開される「大聖院 もみじ祭り」も開催される為、11/17~25のもみじ祭り開催期間は特に観光客でとても賑わいます!!

この時期の宮島の紅葉は息を呑む美しさですので、お越しの際は是非シャッターチャンスをお見逃しなく!!

 

また、宮島内の鹿が最も凶暴になるのもこの時期です。

普段からビニール袋を持つ女性・子供を狙って鹿が寄ってくるケースは多いですが、この時期は鹿の角が最も伸びている時期です。

 

秋~冬に向けて角を落とす作業が行われるのですが、まだ角を落とされていない鹿は他の季節よりも気性が荒く、角で突かれると痛いだけでは済まないので注意が必要です!!

秋に角を落とされていない鹿に近づくのはくれぐれも止めましょう。

 

また、万が一食べ物が入っているビニール袋を取られそうになった場合は抵抗せずそのまま渡して下さい。

基本、食べ物は鹿の目の高さに持たないことをおすすめします。

 

①宮島ローソク祭り

宮島大聖院 ろうそく祭り萬燈会2017 ~miyajima candle festival ~/Japanese tradition/

 

期日:2018/9/7~9 

時間:18~21時

場所:大聖院 観音堂

 

鎮魂と世界平和の祈りを籠め、供養物の一つである燈明を献じ、全世界の罪障を懺悔・供養する為の法要とコンサートが行われます。

法要は8日午後6時から、コンサートは初日午後7時から、2・3日目は午後6時からそれぞれ奉納されます。

 

この時期は県外でも平和を祈念する様々なキャンドルナイトのイベントが行われますが、鎮魂と世界平和の祈りを籠め、神の島「厳島」にて行われるこちらの行事は更に特別な意味を持つのではないでしょうか?

 

大聖院 もみじ祭り

期間:2018/11/17~25

時間:8~17時

場所:大聖院

 

秋の宮島のイベントの中で最も大きなイベントです!!

この時期は厳島神社から紅葉谷公園へと続く道や、大聖院へと続く坂道も鮮やかな紅葉に彩られ、多くの観光客・参拝客で賑わいます!!

 

また大聖院ではもみじ祭り期間限定にて「ダライラマ法王開眼のチベット仏」の公開も行われており、併せて開催される寺宝展・御室流華道展と共に多くの人が訪れるますよ。

 

晴れた日に紅葉を眺めつつ、長い階段に設置された、回した数だけ功徳を積めると言われる摩尼車(まにぐるま)を回して昇った先にある、ひとつだけ願いを叶えてくれると言われる「一願大師様」へ願いごとをするもよし。

七福神・鬼神・不動明王等、神仏習合の寺院であった歴史ならではの様々な神々が祀られた境内を散策しながら過ごすもよし。

過ごし方は人それぞれですが、普通の寺院とは違った味わいがある場所であることは確かです!!

 

境内には、飲食可能なちょっとした休憩所もありますので、お弁当持参で訪れるのも良いかもしれませんね。

 

いかがでしたか?

今回は広島の宮島・厳島神社へのアクセス方法やツアーの紹介、夏と秋のイベント情報をお届けしました!!

まだ行かれたことのない方は是非イベントに合わせて訪れることをおすすめします!!

宮島観光協会公式HPはこちら

国内航空券トラベリスト

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント