空飛ぶ車をトヨタが開発!?SkyDriveの実用化まもなく

情報

 

皆さんは「未来」と聞いて何を思い浮かべますか?

私は街を車が飛んでいる光景を思い浮かべます。

 

空飛ぶ車なんて実現不可能、、と思った方はもしかしたら時代遅れかもしれません。

今、日本のトヨタをはじめ、世界では空飛ぶ車の開発が急速に進んでいるのです!!

 

1.空飛ぶ車の実用化は目前!?

空飛ぶ車が今アツイ!!

空を見上げると車が飛んでいる、なんていう未来図がもはや遠い未来ではないようです。

 

スロバキアのAero Mobil社が2017年にドイツのフランクフルトで行われたモーターショーにて空飛ぶ車「フライングカー」を公開。

Aero Mobil社についてはこちら↓

空飛ぶ車は既に開発済みだった!!値段や性能、実用化はいつ??
車が空を飛ぶ時代が目前に迫っている、と言われて誰が信じるでしょうか。 でも、そんなSFのような世界が訪れるのはそう遠くないらしいのです。 空飛ぶ車を開発しているAero Mobil社について、そして現状や実用化される時期について見て...

既にヨーロッパでの飛行許可が下りているということで、同社は2020年の販売開始を目標に最終調整を行っている模様。

既に予約を受け付けており、2018年には生産を開始するとのことです。

 

予定通り進めば2020年、ヨーロッパの上空に車が飛んでいる・・・。

たった2年後の話だけに本当かよと思わず疑いたくなりますが、なんたってロマンがありますよね!!

早くその光景を見てみたいと思うのは私だけではないはず。

 

では、日本はどうなのか。

日本も空飛ぶ車の開発に積極的に取り組んでおり、ヨーロッパの勢いに引けを取りません!!

2012年から、トヨタ社員を中心とした”Cartivator”という有志団体が業務時間外に研究・開発を急ピッチで進め、試作品での飛行は成功、有人飛行まであと一歩というところまできているんです!!

 

ちなみに”Cartivator”の名前の由来は”Car(車)”と”Activator(ワクワクドキドキ)”を組み合わせたものだそう!!

 

2.Cartivatorとは

空飛ぶクルマ 現実化をトヨタが!2020年の実用化を目指す

 

“空飛ぶ車”誕生の未来を担うCartivatorについて知っておきましょう!!

2012年 Cartivator誕生
2014年 空飛ぶ車「SkyDrive」の開発に着手、1/5スケールでの飛行・走行に成功
2019年 完成品一般公開予定
2020年 東京オリンピック聖火点灯デモ参加目標
2025年 一般販売開始目標
2050年 誰もが空飛ぶ車を利用する時代に

 

Cartivatorは自動車・航空業界の若手を中心とした業務外有志団体。

2012年から空飛ぶ車の開発のために、トヨタの社員が中心となって有志で取り組んできたそうです。

資金は今までクラウドファンディングなどで集めていたそうですが、今回トヨタやそのグループ会社からの融資で4250万円の資金を受けられることになったそうです。

チームの新しい人材やサポーターは公式HP内で現在も募集しているようです。

 

今後、2018年内に有人飛行を成功させ、東京オリンピックでの聖火点灯パフォーマンスを行うことを見据えているということです!!

 

3.SkyDriveの性能

せっかくなので、日本の”Cartivator”が誇るSkyDriveとスロバキアの”Aero Mobil社”が誇るAero Mobil4.0を比較してみましょう!!

 

  SkyDrive Aero Mobil4.0
全長(m) 3.6 5.9
幅(m)走行時/飛行時 1.7/3.1 2.2/8.8
高さ(m) 1.1 1.5
最大走行速度(km/h) 60 160
最大飛行速度(km/h) 100 360
搭乗員数(人) 2 2
燃料 バッテリー ガソリン

コンパクトさで言ったらSkyDriveの圧勝ですね。

全長で2.3mの差があり、飛行時の幅なんて5.7mもの差になります。

 

ただ速度に関してはAero Mobile4.0が圧勝です。

飛行速度に関してはAero Mobile4.0が3.6倍も勝っています。

が、その代わり燃料がガソリンであるというところはエコを考える上で見逃せないマイナスポイントとなっているでしょう。

 

 

いかがでしたか?

ハイブリッドカーや電気自動車など、車は年々進化し続けていますが、未だに排気ガスが原因の環境問題や新興国での渋滞問題は解消されません。

そこに手軽な空の交通手段が出来れば、人の流れも経済も劇的に変わるかもしれないですね。

実用化まであと少し、今後の動向が楽しみですね!!

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント