鷹(タカ)と鷲(ワシ)に明確な違いはない!?大きさで名前が変わるって本当??

豆知識

 

鷹と鷲。

両者も勇ましくかっこ良い鳥ですが、その違いはなんでしょうか?

実はこの違いに関する事実は驚くべきものなんです。

 

 

1.鷹と鷲の違いは体の大きさ??

鷹(タカ)は速くて強いそのイメージから、例えばソフトバンクホークス(鷹は英語でホーク)など、チームや様々な乗り物に名前が使われています。

対して鷲(ワシ)はその雄大な姿から”鳥の王者”とされ、メキシコの国旗に描かれていたり、アメリカやフィリピンの国鳥に指定されている尊い鳥です。

 

では、鷹(タカ)と鷲(ワシ)の違いはなんなのか。

結論を言うと、鷹(タカ)と鷲(ワシ)の違いはほぼ体の大きさに由来しています!!

 

なぜ”ほぼ”なのかは後で説明します。

 

鷹(タカ)も鷲(ワシ)も同じタカ目タカ科に属する鳥です。

つまり、驚くことに、両者は全くもって同じ種類の鳥なのです!!

 

同じタカ科の中で比較的小さいものを鷹(タカ)、比較的大きいものを鷲(ワシ)と呼んで区別しています。

 

これを例えるとどういうことかというと、

食肉目ネコ科にライオンがありますよね。

このライオンのサイズの小さいものを鷹(タカ)、サイズの大きいものを鷲(ワシ)と呼ぶことと同じなんです。

つまり、まったく同じライオンなのに大きさだけで呼び名が変わってしまうということです!!

 

これビックリじゃないですか??

今まで鷹(タカ)とか鷲(ワシ)とかよくわからず呼び分けていたのが恥ずかしい・・・。笑

 

ここで話を最初に戻します。

先ほど私は「鷹(タカ)と鷲(ワシ)の違いはほぼ体の大きさに由来している」と言いましたが、なぜ”ほぼ”なのかというとこれには例外が存在するからなんです!!

 

既にお伝えしたように、鷹(タカ)は比較的小さいものを言います。

例えば、

・オオタカ(オスの体長:48cm、メスの体長:58cm)

・ハイタカ(オスの体長:30cm、メスの体長:38cm)

 

続いて鷲(ワシ)ですが、

・イヌワシ(オスの体長:75cm、メスの体長:90cm)

・オウギワシ(オスの体長:90cm、メスの体長:102cm)

いずれも羽を広げない状態での体長です。

さすが、大きいですよね!!

 

しかし!!

“カンムリワシ”という鷲(ワシ)がいるのですが、これは体長が55cmしかありません。

体長だけで見ると鷹(タカ)に分類されるべきだと思いませんか??

 

一方、鷹(タカ)には”クマタカ”というものがいます。

これは体長が75cm~80cmなので、サイズ的には鷲(ワシ)に分類されて良い気がしますね。

 

つまり、ほぼ体の大きさで鷹(タカ)と鷲(ワシ)は区別されているけれども、例外はあるということです!!

 

いや、驚きですね。

実際に専門書にも以下のような記述があります。

 

ワシ類とタカ類という用語は、分類学的に厳密な相違を示すものではない。

比較的大きいものをワシ、中形から小形のものをタカと漠然と称しているにすぎない。

(タカとワシの専門書:「日本のワシタカ類」より)

 

結構な適当ぶりですよね。笑

 

 

2.鷹と鷲と鳶と隼の違いは??

 

鷹(タカ)と鷲(ワシ)の違いがほとんど体の大きさに由来するということがわかりました。

そこで、今度は鳶(トビ)と隼(ハヤブサ)はどうなんだ、と気になったのでこれらを含めた4つの違いを調べていきたいと思います!!

そもそも鳶(トビ)とは、体長58~69cmのタカ目タカ科の鳥です。

なんと鳶(トビ)も鷹(タカ)や鷲(ワシ)と同じ鳥だったんです!!

 

では、鳶(トビ)も大きさで区別されるのか、というとそれは違います。

 

鳶(トビ)は他の2つと違って「ピーヒョロロロロ・・・」と鳴くのです。

鷹(タカ)や鷲(ワシ)は鳴きません。

 

また、鷹(タカ)や鷲(ワシ)が生きた動物を狙うのに対し、鳶(トビ)は死骸を狙ったりカラスのようにゴミを漁るので格下に見られがちです。

鳶(トビ)が鷹(タカ)を生むなんて言葉もありますよね。

では、隼(ハヤブサ)はいかがでしょうか。

隼(ハヤブサ)は体長38cm~50cmのハヤブサ目ハヤブサ科の鳥であり、タカ目タカ科である上記3つの鳥とは異なります

 

ここまできたら隼(ハヤブサ)も同じだと思ったのですが、これは全く違う鳥なんですね。

ちなみに隼(ハヤブサ)は絶滅危惧種に指定されている種類もあり、全体的に生息数が減っているそうです。

 

結果として、鷹(タカ)と鷲(ワシ)、鳶(トビ)は同じ鳥と言ってよいですが、隼(ハヤブサ)は全く別だということがわかりました!!

 

 

3.まとめ

鷹(タカ)と鷲(ワシ)の区別がほぼ大きさで決まるなんて、あまりにも適当なので驚きですよね!!

ちなみにこのことは「トリビアの泉」というちょっと前の番組でも放送されて「へぇ」を集めていたようです。笑

 

他にも大きさが違うだけで呼び名が変わる動物として「ワラビー」VS「カンガルー」や「イルカ」VS「クジラ」などもあるようなので今後調べて記事にしていきたいです!!

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント