コミケ初心者必見!!2017年夏コミックマーケットに参加してきた体験談

関東

 

皆さんは「コミケ」と聞いて何を思い浮かべますか?

同人誌?混雑?オタク?笑

 

全部正解です!!

今回私は2017年の夏コミケに参戦してきたので、特に初心者向けに、体験談だけでなく、持ち物やルール・アクセス方法などもお伝えしていきたいと思います!!

 

 

1. コミケとは?

↑開幕直後の待機列の写真です。

 

コミケ(正式名称:コミックマーケット)は1975年に始まった40年以上の歴史をもつ日本最大規模の同人誌即売会になります。

 

開催時期は毎年夏のお盆と冬の年末の年2回、各3日間の開催で、場所は国際展示場(東京ビックサイト)のすべてのホールを利用して行う大々的なお祭りなんです!!

 

参加人数はなんと毎回おおよそ56~60万人!!

これは地方の観光地での年間集客人数と並ぶのではないかと言われています(笑)

 

また、それだけの人数が集まり一般参加者はお金を払って自分の好きな本やグッズを購入したり、

サークルさんが売り上げで他のサークルさんの作品を購入することから「100億の経済学」なんて言われていたりします。

 

コミケはオタクの祭典と言われていますが、手芸や科学技術・文学書・社会の評論からスポーツのデータ集まで出されているため、

実際はオタクだけでなく様々な人々が参加しているんです!!

 

 

2. 国際展示場(東京ビッグサイト)へのアクセス

 

会場となるのは東京ビッグサイトです!!

電車・モノレール・車・空港からのアクセス方法をご紹介します!!

①りんかい線(電車)

「国際展示場駅」で下車後、徒歩7分。

りんかい線とJRをつなぐ大崎駅でコミケ開催期間中に催し事を開いているため、途中下車してみるのも良いでしょう。

新木場から5分、大崎から13分の駅です。

 

②ゆりかもめ(モノレール)

「国際展示場正門駅」で下車後、徒歩3分。

豊洲から8分、新橋から22分のモノレール駅です。

 

③自家用車

自家用車で行かれる方はこちら

駐車場での徹夜行為は固く禁じられていますので、時間を事前にしっかり確認していきましょう!!

 

④空港から(バス)

羽田空港からリムジンバスが出ています。

所要時間は約25分です。

詳しくはこちら

 

 

3.コミケの持ち物

 

挙げたらキリが無いので、ほとんど全員持って行くような、必須の持ち物を選抜してみました!!

 

①お金

お金がないと何も買えません。

せっかく行っても楽しさ半減。

この日だけは愉快なサザエさんにならないよう気を付けましょう。

 

②手提げ袋

ブースの配布物や買ったものをどんどん入れていきましょう!!

いちいちリュックを開くのは結構面倒くさいです。

 

③タオル

とにかくすごい人の数。

汗っかきじゃなくても1枚は持って行くべきでしょう!!

 

④食料

のんびり列に並んでいる暇はありません。笑

後の体験談で写真を載せますが、カロリーメイトなどを事前に仕入れる人が多いようです。

 

⑤クリアファイル

気づいてみると手元にはチラシの束。

大事なものは折らずに綺麗なまま持って帰りたいものです。

 

⑥チェックリスト・配置図

自分オリジナルのマップを作製し、当日の行動をスムーズにしましょう!!

詳しくはこちら

 

 

4.一般参加方法

 

特に事前の申込やチケットの購入は必要なく、

当日の無料入場となります。

 

ブースを出す人は当然事前の申し込みが必要ですが、完全に客としての一般参加を希望する方はふらっと入ってふらっと出ることも可能なのです。

 

とても敷居が低いので、行こうか迷っている方も是非気軽に足を運んでみてください!!

 

 

5.ルールとマナー

 

①徹夜はするべからず

徹夜はコミケにおいて公に禁止されている行為です。

早く並びたかったら満員電車の始発で来るか、近くのホテルを予約しておきましょう。

 

②勝手に写真を撮るべからず

ブースのコスプレーヤーを無断で撮影する人が後を絶ちません。

どうしても撮りたかったら許可を取りましょう。彼女たちにも肖像権があります。

 

③大勢で集まるべからず

大勢で集まると通路が塞がって迷惑になってしまいます。

ただでさえ人でごった返しているので、あえて集団を形成する行為は控えましょう。

 

 

6.実際に夏コミ行ってきた!!

 

お待たせしました!!

ここでは実際に2017夏コミケに参加した体験談や感想を写真とともに共有していきます!!

 

まずは会場外。

コミケ期間のコンビニ(国際展示場駅ローソン)の様子。笑

今回私はホテル勢でしたので前日の夜に撮った写真になります。

このように参加者だけでなくコンビニまで臨戦態勢なのがよくわかりますね。(笑)

 

マックもこのようにコミケ専用のメニューなんてものがありますので、コミケ期間中に会場内だけでなく周囲を散策してみるのも面白いですね!!

 

コミケ開会前の待機列↓

 

始発組の待機列誘導になります。

このように我先にと列に入りたい人たちもスタッフさんがしっかり誘導してくれるおかげで怪我人も出ずに待機列が形成されているんですね。

 

繰り返しになりますが、コミケでは徹夜は絶対に禁止です!!

一般参加者やサークルさんの中では徹夜をしている方々は参加者じゃなくてお客様とまで言われてしまうので、ルールをしっかり守って参加しましょう!!

 

今回は夏コミということもあったため耐暑の準備をしっかりして行ったのですが、雨が降ったり涼しかったりと、

毎年を考えると少し異常気象なコミケになってしまい、あまり役に立つことはありませんでした。

 

それでも灼熱の待機列よりは数倍マシですけどね。笑

参加する時はその季節にあった準備をしっかりしていきましょう!!

 

それではいざ館内へ!!

コミケはビッグサイトの東館・西館すべてを使用して行われます。

 

こちらは東館の様子です↓

 

当日は朝が寒かっただけに長袖の人もポツポツといますね。

もっとジャンル的に人が多いところで写真を撮りたかったのですが、人混みに流されて写真どころではありませんでした。笑

 

また、今回は叶姉妹が参加しているということもあったため、東7ホールはなんと異例の写真撮影禁止区域があり中々異様な雰囲気でした。

 

私も7ホールに行ったのですが、叶姉妹のサークルに近づくにつれて雰囲気が・・・すごい・・・ファビュラスでした。

こちらは西館の企業ブースです↓

 

夏アニメにFate/Apocryphaが放送されるということもあり、今回は中々派手に宣伝していますね!!

 

他のアニメもうちわの配布やクリアファイルの配布をしていましたが、やはりタイプムーンはインパクト大きいなぁと思います。笑

 

今回コスプレブースにも行ったのですが、写真を撮るのをすっかり忘れてしまっていたので写真はまた別の機会に・・・。

 

 

いかがでしたか?

今回はオリンピック準備の工事を行うため、西館に関しては上が使用できないということもあり下のみでの開催でした。

 

そのためメインの同人の部分が少なくなってしまったのは残念でしたが、これからオリンピック期間になっていくにつれては仕方のないことなのかなぁと思います。

 

コミケは行くのも楽しいのですが、コミケに行く前にカタログを見てどこに行こうかなって考えて準備をするのも楽しいですし、やっぱり買ってきた本を読んだりするのも無論醍醐味ですね!!

 

私の戦利品を晒すのは恥ずかしくてできませんが、参加した皆さんの良き同人ライフを願って、また今後デビューする方々の安全を祈って記事を終わりたいと思います。

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント