2018年富士山山開きはいつ??登山時期はいつからいつまで??

情報

 

夏といえば海と山!!

海開きについては以前書いたので、今回は山開きについて書きます!!

 

この記事では「山開きとはなにか」という基本的なところから「2018年最新の富士山の山開きはいつか」、「富士登山ツアー」や「混雑予想」についても共有します!!

 

1.富士山の山開きはいつ?

2018年富士山の山開きはいつなんでしょう!?

実はルートによって時期が若干異なるので注意が必要です。

 

山梨県からの登山道は7月1日、静岡県からは7月10日に開通となるので覚えておきましょう!!

ルート 期間
吉田(山梨) 7/1~9/10
富士宮・須走・御殿場(静岡) 7/10~9/10
お鉢巡り(山頂一周) 7/10~9/10

各ルートに関する詳細はこちら

 

上記はあくまでも予定であり、天候によって日付は左右されるので行かれる前に必ず最新の情報を公式HPで確認するようにしましょう!!

 

また、山開き~山終い(やまじまい)の期間以外にも猛烈な雨などが原因で登山道を急遽閉鎖することもあるようなので、それも含めて情報をチェックするようにしたいですね。

 

開通・閉鎖情報はこちら

 

2.そもそも山開きとは?

そもそも山開きの定義を正確に説明出来ますか??

山開きとは、登山にふさわしいとされるシーズンに一般開放されることを意味するのです。

また、海開きと同様に例えば山小屋など、登山客をサポートする体制を整えて開放し始める日のことを指します。

 

じゃあ、山開き前に山に登れないのか。

いえ、登れるんです!!

 

海も海開き前に泳げるように、山も山開き前に登れます。

しかし、当然それなりのリスクが伴います!!

 

山小屋が営業していないので、そこで食事や休憩をとることが出来ません。

万が一の際の宿泊利用も当然不可能です。

 

また、気温もかなり低いです!!

ベストシーズンである夏より前のことですから、必然的に気温は低め。

低体温症のリスクが高まるのは必須でしょう。

 

さらに、雪崩などの自然災害に見舞われる危険もあります!!

高い山になるほど雪もどっさり積もっているでしょうから十分起こりえます。

 

というわけで、入山が認められていないわけではないですが、山開き前にエキスパートでない一般の人が登るのはナンセンスでしょう。

 

ちなみに富士山でも登山シーズン外の登山における注意喚起は公式HPでなされています。

 

詳しくはこちら

 

3.山開きの由来とは?

昔々、日本の多くの山は宗教的観点から、修行の場と見なされていました。

一般の人の立ち入りが年中通して禁止され、僧たちしか入れない神聖な場所という扱いだったのです。

 

それでも無理に入ろうとすれば天狗に襲われるとまで言われていたそうです。

 

しかし今から約300年前の江戸時代、山頂に祀られている神様を拝みたい一般信者のために期間を設けて山を開放することが許されました。

 

一般信者はその開放初日に山に入れることをお祝いしたそうですが、これが山開きの始まりだったんです!!

 

山開きの由来に関して詳しくはこちら

 

4.富士登山ツアー

初心者の方は特にツアーがおすすめです!!

というのも、5合目から頂上までを休憩なしでスムーズに登ったとしても7時間はかかるとされています。

そんな長期戦に初心者だけで臨むのは決して推奨されません。

 

突然の天候不順による怪我や低体温症、高山病のリスクもあるので初めての方は万が一のためにプロの方に近くにいてもらった方が安心でしょう。

ということで、私がおすすめするツアーを3つご紹介します!!

 

①vipツアー

最安5,380円の「5合目まで送迎+入浴プラン」に始まり、初心者向け~上級者向けのプランまで種類が豊富に取り揃えられています!!

付っきりでガイドにいて欲しい・・・

山小屋まで案内して欲しいけど頂上までは自分だけの力で登りたい・・・

などのわがままに応えるプランがいくつもあるので、気に入るプランがきっとあるはずです!!

 

vipツアーの詳細はこちら

 

②はとバスツアー

1泊2日or2泊3日、ガイド付きっきりのツアーです!!

天気が良ければご来光を拝めるのが一番の魅力。

はとバスのツアーなので、都内から5合目までバスで直通なのも便利です!!

どちらの日程プランも帰りは温泉で締めくくります!!

 

はとバスツアーの詳細はこちら

 

③四季の旅

経験者も含め、富士山の登頂率は69.1%という統計結果があるそうなのですが、四季の旅のツアー参加客の登頂率はなんと90%を超えるそうです!!

どうせ登るなら誰だって頂上まで行きたいですよね!!

サポート内容やプランも充実しているので要チェックです。

 

四季の旅の詳細はこちら

 

 

5.登山者数・混雑予想

2017年の登山者数は約28万5千人でした!!

平均して1日あたり約4,500人が登っている計算になります。

 

2017年で一番混雑した日ランキングBEST5ですが、

1位:8月13日(日) 8,201人

2位:8月05日(土) 7,608人

3位:8月12日(土) 7,553人

4位:8月26日(土) 7,327人

5位:7月15日(土) 7,143人

(環境省より引用)

ということで、やはり土曜やお盆は避けた方が無難なようです・・・。

そして一日あたりの平日と休日の登山者数の違いですが、

平日:3,323人

休日:5,956人

(環境省より引用)

となっており、ほぼ倍の差があることがわかりました。

ちなみにどの登山ルートが混雑するかというと、

1位:吉田ルート 

平日:1,983人 休日:3,227人

 

2位:富士宮ルート

平日:837人 休日:1,717人

 

3位:須走ルート

平日:276人 休日:580人

 

4位:御殿場ルート

平日:227人休日:432人

(環境省より引用)

山梨側の吉田ルートが断トツで混むことがわかりました!!

一番混雑を避ける方法は、平日に御殿場ルートで登ることかもしれませんね。

 

また、山頂でご来光を拝もうとする登山客が多いため、日の出前の山頂は特に混雑するようですよ!!

 

混雑していると、自分のペースで歩けなかったり、休憩場所が埋まっていたり、集団で将棋倒しになるなど何かと大変なことが多いのでなるべく避けたいものです。

 

さらに詳しい混雑予想に関してはこちら

 

 

いかがでしたか?

今回は「富士山の山開きはいつなのか」を中心に情報共有してきました。

富士山を綺麗に撮れるスポット10選の紹介記事も併せてご覧ください!!

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント