バンタヤン島への行き方は??セブへの帰り方も徹底解説!!

フィリピン

 

2018年2月某日、フィリピンのセブ島の中心地である「セブシティ」から離島の「バンタヤン」までバスとフェリーを乗り継いで行ってきたので、アクセス方法や時刻表、料金などの情報を共有します‼︎

 

 

1.セブシティ→ハグナヤ港

 

バンタヤンは離島なので、まず最初に本島のフェリー乗り場であるハグナヤ港へバスで向かいましょう!!

 

 

バスに乗るために、「ノースバスターミナル」という、セブシティよりも北へ行く長距離バスが集まるターミナルへ向かいます。

 

 

「サウスバスターミナル」へ行ってもバンタヤンとは逆方面のバスしかありませんのでご注意ください。

 

バスターミナルに着くと、

黄色のバスがずらっと並んでいるのが目に入ります。

 

「BANTAYAN ISLAND 」と書かれてあるバスを見つけていざ乗り込みましょう!!

 

水やお菓子は乗車前に買えますよ!!

 

料金は発車してから乗務員さんが回収しに来ます。

ちなみに2018年2月時点での運賃は225ペソでした。

 

ハグナヤ港に到着です‼︎

 

8時に出発して11:30に着いたので合計3時間30分のバス旅でした(途中トイレ休憩10分)。

 
イーツアーの海外格安航空券、空席照会・スケジュールを見て、その場で予約予約回答、最大の海外格安航空券サイト

 

2.ハグナヤ港→バンタヤン

 

バスを降りて中に入ると、フェリーのチケット売り場があります。

料金は170ペソ。

 

チケットを買ったら写真手前の机で港の使用料10ペソを支払い。

 

最新の時刻表です。

ただ、上記の時間以外にも運航されているようで・・・。

実際私は12:30発のフェリーに乗船しました。

 

出発時間が迫ったら乗船の合図が掛かるので皆についていって乗りましょう‼︎

揺られること1時間ちょっとでバンタヤン島へ到着します!!

 

ちなみにちょっとわかりづらかったので共有ですが、港のトイレは外のこの脇入ってすぐにあります。

中に入ってしまってからも、港使用料の支払い時に受け取った切手のような証明書と乗船チケットさえあれば出入り自由なのでトイレにも行けますよ。

 

 

3.バンタヤン→ハグナヤ港

 

バンタヤンで思う存分リゾートを満喫した後はセブシティに帰りましょう!!

帰り方は行きの逆です。

まずはハグナヤ港を目指しましょう!!

 

その前にバンタヤンの素晴らしい景色をいくつか載せておきます↓

 

 

それではまずは、バンタヤンに着いたときに降り立った港へ向かいます。

運転手さんに「サンタフェポート!!」と言えば確実に連れて行ってくれます。

 

ここでチケットを入手しましょう!!

料金は180P。

時刻表を再掲しますが、サンタフェから出るフェリー(右側)もやはり記載の無い時間にも運航されているようです。

私は1:30PMに乗りましたが、2:30PMのチケットも売り出されていました。

 

尚チケットは当日分の、出発時間の迫っているフェリー分しか買えないので、島へ到着時に明日の分を買っておこうという技は使えません。

 

 

4.ハグナヤ港→セブシティ

 

フェリーで1時間強、ハグナヤ港へ着いたらバスでセブシティへ向かいましょう!!

港を出てすぐのところにバスが待ち構えていてくれるので迷うことはありません。

 

私のときはSMモール(市内中心にある大きなモール)行きのバスが2台待っていてくれました。

料金は170P。

 

15時ちょうどにバスが出発し、途中休憩10分挟んで18:30にSMモールへ到着。


途中パシフィックモールなど他の場所でも降りられるところがあったので、自分のホテルの近いところがあれば降りるとよいでしょう!!

 

いかがでしたか??

バンタヤンにはセブシティにないゆっくりな時間が流れています。

旅の日程に余裕があれば是非訪れてみてください!!

イーツアーの海外格安航空券、空席照会・スケジュールを見て、その場で予約予約回答、最大の海外格安航空券サイト

 

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント

  1. SitiosTech より:

    本当にありがとうございました()

  2. Thanks for the recommendations shared on your own blog. Something also important I would like to express is that losing weight is not supposed to be about going on a fad diet and trying to get rid of as much weight as you’re able in a few days. The most effective way to shed weight is by taking it slowly and gradually and right after some basic recommendations which can make it easier to make the most through your attempt to shed weight. You may be aware and already be following many of these tips, however reinforcing knowledge never affects.