介護職を目指す方必見!!仕事内容や給料、大変さを現役職員が徹底解説

情報

 

介護の仕事ってどんなことをするの?どうすればなれるの?

と人手不足と言われているのに実際には知られていなことが多いのではないでしょうか?

 

そこで仕事内容など徹底的に解説していきたいと思います!!

 

 

1.どうすればなれるのか

 

慢性的な人手不足で求人は多く出されています。

よく資格はなくても働けます、働きながら資格を取りましょう。など目にすると思います。

 

介護士になるには一般的に以下の3通りが挙げられます。

 

①専門学校に通いながら介護福祉士を目指す

②講習会に通いながらヘルパー資格から取得する(3カ月ほどの受講)

③施設で働きながら講習会に通う

 

 

2.介護の働き方や給料は?

 

①正社員

平均月収は21万程度。

 

施設で働く場合は夜勤手当が付きます。

介護福祉士の資格手当、リーダー手当など給料のアップは頑張り次第で上がります。

 

②パートタイマー

850円~1100円

 

ヘルパーなどは自分の空いている時間に働きやすいです。

 

③夜勤のみ

夜勤手当は施設により様々

 

3000円~10000円まで差も大きいです。

夜間帯は20人を一人で見るという点でかなり厳しいため手当が付きます。

 

 

3.介護の仕事内容

 

入浴・排泄・食事など日常生活を送るうえで障害や病気、筋力低下などによって、自分ではできない部分を援助するお仕事です。

 

出来るだけ自立した生活が送れるように支援していくことが大切な仕事です。

 

またご家族など多くの人と関わるため、人と接することが必須。

コミュニケーション能力はかなり問われる仕事となります。

 

 

4.1日の流れ

 

起床、着替え洗顔から始まり、食事、服薬、口腔ケア、オムツ交換、トイレ誘導、入浴

 

日中

生活機能訓練として手作業のちぎり絵や書道・手芸・歌などの趣味活動

 

筋力低下予防や転倒予防のために運動や風船バレーなどのレクリエーションを通しての運動の提供を行います。

 

夕方

食事、服薬、口腔ケア、オムツ交換、臥床を行います。

 

毎日分刻みのスケジュールであっという間に一日が流れていきます。

24時間を通して介護するため勤務は交代制になります。

 

 

5.介護の具体的な仕事内容

 

①入浴介助

 

体の清潔保持・皮膚状態の観察

 

→着脱の介助・浴室や浴槽への移動介助・洗身、洗髪介助・室内温度設定・

皮膚の状態確認・水分補給・湯あたりしないように時間確認・入浴後爪切り

 

※滑りやすいため、転倒に注意し、湯船に沈んではいないかなど常に他の方を洗いながら全体を見渡し介助・援助を行っていきます。

決められた時間の中で利用者様を安全に入浴を終わりにしなければなりません。

 

②食事介助

 

栄養補給・快適に美味しく食べてもらう

 

→食事形態の確認・補助具の必要性を見極める・飲み込みの確認・水分量の確認・咀嚼確認・口腔内確認・義歯の確認・食事量の確認・カロリー確認

 

食事は生きていく上で必要不可欠な事です。

自力で食べることが出来なくなってしまい落ち込む方もいます。

美味しく食べられるように心がけることが重要です。

 

歯が無くなり硬いものが食べづらく、飲み込めない場合は刻んだりして、食べやすくします。

歯が痛い、入れ歯が合わない、胃腸が悪くなどの場合はお粥対応にするなど、よく観察して個々にあった食事の介助や提案が必要となります。

 

③排泄介助

 

体調の確認・把握

 

→トイレまでの介助・着脱介助・ベッド上でのオムツ交換・羞恥心への配慮

 

排泄介助はその大変さから誰もが気になる仕事としてあげられるでしょう。

 

しかし、一番いやな思いをしているのは自力でトイレに行けない利用者様自身です。

「申し訳ない」「恥ずかしい」「情けない」という声が良く聞かれます。

 

汚物処理は非常に臭いもありきつい仕事ですが、排便の色・形状・臭いから病気の発見までできる重要な仕事なのです。

転倒させないように手早く、行わなければならず、羞恥心に気を配らなければいけない業務です。

 

自分が将来、排泄介助される側に立ったときどのように介助してもらえればと考えるだけで仕事の向き合い方が変わってきます。

 

 

6.介護の仕事の種類

 

①在宅系サービス

 

・訪問介護

ヘルパーが利用者様の自宅に訪問し、生活援助・身体介護の支援を行う

 

・通所介護

日帰り利用で、利用者様の送迎、入浴、食事、レクリエーションなど様々なサービスを提供する日勤のみの仕事です。

 

・短期入所

介護者側の緊急時に介護施設で利用者様を預かり、身体介護など行う

 

・訪問入浴

移動入浴車で利用者様の自宅に訪問し入浴サービスを提供する

 

②居宅系サービス

 

・ケマネージャー

利用者様と家族の介護相談・ケアプランの作成・介護認定の書類作成代行など。

 

③施設系サービス

 

・介護老人沽券施設

リハビリを中心に医療と生活の援助を一体的に行う

 

・特別養護老人ホーム

常時介護が必要な方に日常生活全般の援助を行う

 

・有料老人ホーム

入居者が生活上の介護などを受けられる施設

 

 

7.まとめ

 

上記のように、介護の種類はたくさんありまだまだ人手不足が問題視されています。

少しでも内容を理解してもらえれば嬉しいです!!

 

そして介護の仕事はやはり大変です。

でも介護の魅力はそれ以上にあるのです。

 

利用者様との付き合いも長くなり、当たり前にお金を頂き働く中で「ありがとう」と笑顔で言ってもらえると本当に嬉しいものです。

 

是非魅力的な介護の仕事で働いてみませんか?

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント