ハワイではレンタカーがおすすめ!!利用方法や保険、会社選びの注意点は?

ハワイ

 

実際に私が借りた体験を踏まえ、利用方法や保険、会社選びの注意点などをご紹介!!

ハワイ旅行に慣れて、少し違うハワイを味わいたいなら自由に動けるレンタカーが断然オススメです!!

 

今回はこれに関して詳しく説明していきたいと思います。

 

 

 

1.利用方法

 

① 日本でレンタカーを予約

 

ハワイでも直接車のレンタルは可能です。

しかし、よりスムーズに借りたいなら日本での予約が一番です。

 

予約が出来たら、予約確認書を現地に忘れないように持っていきましょう!!

今までの私の経験上、確認書を見せたときのほうがスムーズに手続きが完了しました。

 

今年ハワイでレンタルした際にはメールに予約確認書が添付されていたので、現地でスマホ画面の確認書を見せるだけでOKでした。

どんどん便利な世の中になっていきますね~。

 

 

② 現地で借りる

 

レンタカー会社の受付で、「パスポート」・「クレジットカード」・「日本の運転免許証」・「予約確認書」を提示します。

この時、同時に自動車保険の手続きをします。

万が一のことがあると当然旅行どころではなくなるので、しっかり補償を付けるようにしましょう!!

 

 

③ 返却

 

レンタルのプランによって、ガソリン満タンで返さなければいけない場合や、そうでない場合があります。

私は、ガソリンスタンドを探すのに時間がかかり、飛行機に乗り遅れそうになったことがあるので、余裕を持てるようにしっかり事前に確認しておきましょう!!

 

 

2.レンタカー会社の決め方

 

ハワイのレンタカー会社には、「アラモ」、「ハーツ」、「ダラーレンタカー」、「バジェット」、「ニッポンレンタカー」、その他いくつかあります。

 

私は、料金・サービス・保険の保障内容・マイル・口コミを比較して選択しています。

日本の問い合わせ先がある会社が多いので、わからない点は直接電話やメールで確認すると現地でも安心して利用できますよ!!

 

私は、ハワイで運転することに慣れていなかった時は、料金が高くてもサービスが充実しているレンタカー会社を使っていました。

ハワイにいる間、困った際に日本語で問い合わせが出来たり、日本語で案内してくれるナビを持っているレンタカー会社はやはり安心です!!

 

運転することに慣れてからは手厚いサービスは必要ないと思ったので、料金が安く、マイルが貯まるレンタカー会社を選ぶようになりました。

 

 

3.車種の決め方

 

スーツケースの数で決めましょう。

空港内営業所から借りるなら、スーツケースを積める大きさでないといけません。

 

3~4人なら、ミニバンかSUVなら荷物を積めるでしょう。

また、空港からホテルまでは送迎バスを使い、ワイキキ営業所でレンタルするという方法を取れば、その時点でスーツケースがないので一番小さい車種で済みます。

 

個人的にはよくSUVを借ります。

日本でもSUVに乗っているので慣れているからです。

 

初めてハワイで運転する方は自信を持って運転できる車種を選んで、慣れてきたら運転してみたい車を選ぶことをオススメします。

安全第一です。

 

 

4.保険

 

車を借りると対人・対物の自動車損害賠償保険(LE/LP)に自動的に加入となりますが、補償額は低いです。

繰り返しになりますが、万が一の事があっても安心できるように、なるべくカバー力の高い任意保険に加入することをオススメします。

 

保険の種類は実際いくつかあります。

受付ではスタッフに、一番高い補償を付けることを勧められることがあります。

係の人も仕事なのでそのように案内するのでしょうが、後で「こんな高い補償は付けたくなかった」とならないように、予め日本でレンタカー会社のホームページから保険の内容確認をしっかり行い、現地で自分のニーズに合ったものを申し込みましょう!!

 

 

いかがでしたか?

レンタカーは、ツアーのように時間を気にせず、自由にハワイを楽しむために欠かせないものです。

是非、レンタカーでハワイ旅行を満喫してくださいね!!

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント