【体験談】コースが鬼きつい!!若潮マラソン2016に参加してきた!!

マラソン

 

コースがきつくて有名な、若潮マラソンに参加してきました!!

2016年1月31日(日)に千葉県館山市で開催された、第36回館山若潮マラソンのフルマラソンの部!!

マラソンブームが巻き起こる前からマラソン界を支えてきた伝統ある大会です。

 

例年1月末の開催のため寒さが懸念されますが、千葉県の房総半島は比較的温暖な地域なので気持ちよく走れることが多いです!!

コース上で館山市内の集落も通るので地元の方々の声援も熱く、時には仮装をして大会を盛り上げているランナーにも出会うので、ついつい笑顔になる人情味あふれる大会です。

 

フルマラソン以外にも10キロとファミリー2キロの部もあるので、家族で参加してレース後には南房総を観光してから帰ることもできますね。

1月に開催される陸連公認コースのフルマラソンの大会は少ないので、シリアスランナーの年初めの力試しにもおすすめですよ!!

 

 

1.コース

 

コースは館山市民運動場をスタートし館山市内を巡って同じ運動場にゴールする42.195キロの陸連公認コース。

東京マラソンや大阪マラソンのような都市型マラソンの多くは比較的平坦なコース設定になっていることが多いですが、若潮マラソンは一味違います。

 

スタートしてから22キロまではひたすら海沿いの道。

海がきれいに見える道やフラワーラインという整備された景色がきれいな道を走ります。

 

その後、海沿いから少し陸側に入った道をしばらく走りますが、ここが若潮マラソンのハイライト。

25キロから35キロにかけて名物の厳しいアップダウンが待っています!!

アップダウンに苦しめられつつも地元の方々の熱い応援に励まされ、一歩一歩ゴールに近づいていく区間です。

 

だからこそ、ゴールした時の達成感もひとしお!!

完走者は皆達成感、満足感に溢れた顔でゴールテープを切っていきます。

 

 

2.受付・スタート

 

受付は前日の土曜日と当日の朝に行われます。

スタート地点の整列はそんなに早く並ばなくても自分が並びたい位置を確保できる印象です!!

 

私が出場したフルマラソンの部は15分前にスタート地点にいれば十分間に合いました。

東京マラソンや横浜マラソンなどは、スタート1時間前から整列しなければ相当後ろからのスタートとなってしまうことを考えると、焦らずスタートできるのは良いですね!!

 

 

3.エイド・完走後

 

フルマラソンではエイドが8か所あります。

飲み物と軽食が用意されており、エネルギーをしっかり補給しながら走ることが出来ます。

 

完走後はその場で完走証が発行されるので忘れずに受け取りましょう。

ゴール地点の会場には地元の物産展なども出店していますので、余力があれば帰りがけに立ち寄って、せっかく来た館山を感じるのも良いですね!!

 

 

4.大会全般の印象

 

地元の人も大会にとても協力的で、温かい応援を受けられる大会です。

コース上の集落のおばあちゃん、おじいちゃんが沿道に出てきて応援してくれるのですが、その元気がすごい!

走っているこちらも、気持ちを切り替えて頑張れます。

 

歴史も長いので運営もとても丁寧で、スタート前からゴール後までとことん楽しむことができます!!

私もボロボロになりながらもなんとか完走でき、とても良い思い出になりました。

 

 

5.次回大会

 

期間:2018年1月28日(日)

エントリー期間:2017年9月25日(月)~10月31日(火)

 

エントリーはこちら!!

 

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント