【体験談】豚丼発祥の店「ぱんちょう」の人気は噂通り桁違いだった!!

北海道

 

北海道帯広の名物と言ったら豚丼。

どこにでもあるチェーン店で提供されている豚丼と比べ、肉厚やジューシーさ、ボリュームが規格外!

 

今回はそんな豚丼発祥の地、帯広のなかでも一番の老舗、豚丼発祥のお店「ぱんちょう」に行ってきたので紹介します!

 

 

1. ぱんちょうの基本情報

 

中国語で「お食事処」という意味のぱんちょう。

1933年創業、84年続く老舗店です。

店主が「身体が温まるもの」を提供したいという思いで考案したのがきっかけで、以降市内にたくさんの豚丼屋ができていったということです。

 

旅行雑誌にもでかでかと掲載されており、

帯広駅から道路を挟んで向かい側に立地しているというアクセスの良さもあり、平日でもお昼どきには行列をなしています。

 

 

【住所】

北海道帯広市西1条南11丁目19番地

【電話番号】

0155−22−1974

【料金】

松900円、竹1,000円、梅1,100円、華1,300円

【営業時間】

午前11時~午後7時

【定休日】

毎週月曜日、第1・3火曜日

【駐車場】

無(近くに有料駐車場あり)

 

 

2. 実際に行ってきた

 

駅から迷うことなく2分ほどで到着。

とある平日の12時に行きましたが、ご覧の通り既に行列が。

 

仕方がないので別の予定を先に済ませ、16時に出直しました。

 

さすがに並んでいる人もいなく、店内も空いていました。

席に着くなり竹を注文。

 

松・竹・梅の違いは肉の枚数だということで、それぞれ4枚・5枚・6枚。

一枚一枚の肉が厚く、かつジューシーで食べ応えがありました!

また、豚丼には甘いタレがかけられており、これだけでもご飯3杯はいけそうだと感じるほど美味しかったです。

 

 

いかがでしたか?

帯広を訪れた際には是非こちらのお店に立ち寄ることをおすすめします!

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント