世界一わかりやすい腰痛の原因と治し方!!大事なのはやはり〇〇

情報

 

病気・怪我の類でもっとも身近だといえるのがこの「腰痛」ではないでしょうか。

そもそも二本足で歩く人類は重い上半身を腰ひとつで支えているため、そこに痛みがきて当然なのです。

今回は人間誰しもが一度は経験しているといっても過言ではない腰痛の原因や治療法を元ジムトレーナーの私の見解を交えてお伝えしていきたいと思います。

 

 

1.腰痛の原因=姿勢の悪さ

 

背骨(脊柱)の曲がり具合(湾曲)が正常であれば、そこにかかる負担をそれぞれの骨が分担して吸収してくれるので問題ありません。

しかし、湾曲に異常がある場合は特に腰部分の骨(腰椎)に大きな負担がかかってしまうため腰痛が生まれます。

 

 

2.腰痛の主な種類

 

①突発性腰痛(ギックリ腰)

 

いわゆるギックリ腰のことです。

体重の掛け方を間違う、あるいは腰の筋肉の使い方を間違ったとき、腰の疲労が限界まで蓄積されたときなどに起こりやすいとされています。

 

<処置方法>

Ⅰ. 横向きで丸くなるようにして寝る、などの姿勢をとり、安静に過ごす

Ⅱ. 医師の診断を受け、場合によっては冷やしたり温めたりする

 

②椎間板ヘルニア

 

椎間板という、骨と骨の間にあるクッションの役割をしている板になんらかの力が加わり、それが突き出た状態を椎間板ヘルニアと言います。

 

<処置方法>

Ⅰ. コルセットを使用し腰をガッチリ固定する

Ⅱ. 基本は安静にし、医師の診断を受ける

 

 

3.治し方(予防策)

①正しい姿勢で生活する

 

正しい姿勢の定義をご存じでしょうか?

耳、肩、腰骨、膝、くるぶしが縦に一直線に並んでいる状態をいいます。

その状態のときこそが脊柱の適切な湾曲を保てているときなのです。

 

②ストレッチを行う

 

腰回りをほぐすことは当然ですが、足も腰とつながっていて、足の張りをほぐすことは腰の負担を和らげることにつながります。

腰が痛いからといって腰だけに注目せず、周囲の根本的な原因を取り除かなければまた繰り返しになるだけです。

 

③腹筋、背筋を鍛える

 

腰回りの筋肉を鍛えることで常に良い姿勢を保てるようにしましょう。

前も後ろも鍛えることでよりまっすぐな状態をつくることが出来ます。

ただしこれは痛みが落ち着いている期間に行いましょう。

 

 

いかがでしたか?

生きている限りつきまとう、永遠の課題ともいえる腰痛。

しかし日々のちょっとした心がけで予防できることがお分かり頂けたと思います。

 

これからは病院に行って湿布や塗り薬をもらって一時的な対処をするのではなく、根本から原因を退治するようにしましょう!

 

 

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント