【体験談】北海道マラソンに参加してきた!!受付~ゴールまでを実況!!

マラソン
DSC_0899

マラソンのシーズンは秋~冬ですが、夏でも涼しい北海道では例外です。

夏真っ盛りの8月、北海道に全国のランナーが集結します!

 

 

1.北海道マラソンの受付

 

北海道マラソンは前日までにナンバーカードの受け取りなどの受付が必要です。

受付場所は大通公園です。EXPOも行われていて、昨年は大会アンバサダーの有森裕子さんのトークショーや、ヨガレッスンなども行われていました。

その他にも出展ブースもあり、早めに行くと、スポーツもちなどがもらえました。

 

私は、毎年大通公園の屋台で売っている焼きとうもろこしをいつも食べています。

真夏なので、めちゃくちゃ暑いのですが、北海道に来たなぁーって気持ちにさせてくれるほどジューシーです。

翌日のパワーになりますので、是非ご賞味ください!

 

 

2.マラソンスタート

北海道マラソンは9時スタートですが、スタート会場になっている大通公園は1時間前だと準備場所がとれず、結構トイレも並びますので、1時間半前には到着して準備しましょう。

 

準備の中でも私が一番重要だと思っているのは「日焼け止めを塗ること」です。

初挑戦の時の失敗の1つがこの日焼け止めを塗らずに走ったことにより、スタート1時間半後には、日焼けでどんどん体内から水分が奪われていったことです。

 

翌年は日焼け止めを塗りましたので、脱水症状にもならずに走り切れました。絶対に日焼け止めは準備しておきましょう。

あと帽子も必需品です。

 

北海道マラソンの整列は30分前です。

スタート前セレモニーなどもあり、段々と気分が盛り上がってきます。

スタート10秒前からテレビ塔の時計とともにカウントダウンをして、スタートです。

 

スタートしてすぐは団子状態で進みますので、焦らずに周りのペースに合わせていきましょう。

真夏のマラソンですので、始めから飛ばしていくと後半バテます。

そもそもスタートして5kmは登りですので、あまりスピードも上がらないかと思います。

給水所は多くてだいたい3kmごとにありますし、1つの給水所が結構長いので、奥の給水所で給水をする方が確実にとれると思います。

毎回の給水はしっかりととって、頭からかぶったり、腕、首にもかけて体温を下げるようにしましょう。

 

15kmあたりから日陰がなくなります。

とにかく日差しが強いです。

下り坂、そしてフラットなコースになり、人もばらけてくるのでスピードも上がってきますが、後半のことを考えてあまり飛ばさないようにしましょう。

 

20kmあたりの新川通りに入ると、折り返してくるトップ選手の走りも見られるようになります。

 

北海道マラソンは世界でも活躍しているトップランナーが出場する大会です。

2018年は東京オリンピックの選考大会の1つになっていますので、ぜひ超一流ランナーの走りを目に焼き付けてください。

 

25kmすぎると折り返しです。

折り返した後の30kmあたりの給水所に「白いバウム」が置いてあります。

これ、とてもおいしいので、ぜひ食べてください!

 

また、このあたりから私設エイドも出てきます。

水分補給が必要な時には、ありがたくいただきましょう!

私も初挑戦の時は30km過ぎから歩き始めましたので、本当にありがたかったです。

 

37kmあたりで北大の敷地に入ります。

ここでやっと日陰に入れます。

ラストスパートをかけて、ゴールを迎えましょう!

 

 

3.ゴール後

 

ゴールすると、昨年まではメダルがあったのですが、この年でメダルがもらえるのは最後だそうです。

ただ、大きなフィニッシャーズタオルもありますので、完走の喜びは感じられると思います。

 

また、荷物預かりまでの経路がものすごく長いです。

給水や氷袋などもらえますので、冷やしながらゆっくりと歩きましょう。

 

 

4.2017年開催情報

 

2017年は例年と同じ8月の第4日曜日である8月27日に開催されます。

コースもこれまでと同じ札幌市内を走るコースです。

制限時間も同じ5時間です。

かなり厳しい制限時間ですので、しっかりとしたタイム設定のもと走りましょう。

キロ6分で走れれば、大丈夫です。

 

 

真夏の暑さに包まれた日本列島において一番走りやすいのが北海道マラソンでしょう。

夏は本来オフシーズンですが、シーズンに向けての初戦として北海道を選んでみるのも良いのではないでしょうか?

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント