今までの努力は一体!?顔のむくみ、肩こりの簡単解消方法とは

情報

 

最近、体系も気になるし顔のむくみも気になる。

体が鈍ってきていて、肩こりも酷いという方に!

そんな方にとっておきのおすすめ解消方法があります。

 

特に、顔のむくみが気になりフェイスマッサージに通っている方。

肩こりが酷くて整骨院に通っている方。

 

施術を受けた後は楽になるけど、次の日になると元に戻っているということもあるのではないでしょうか?

 

そういった方に、特におすすめしたい方法。

それは、「肩甲骨まわし」です。

 

本当に簡単にむくみや肩こりがある方は症状が軽減するので記事を参考に是非実践してみてください!

 

1.なぜ肩こりやむくみが解消するのか

 

私は肩こり・頭痛・顔のむくみが酷く、整骨院に通っていました。

そこの先生に勧められたのが、肩甲骨まわしでした。

日常生活で同じ姿勢でいることが多いと肩甲骨まわりの筋肉が固くなってしまい、その筋肉を助けようとすると他の筋肉、背中や首の筋肉まで固くなってしまうそうです。

 

特に首の筋肉は、太い血管やリンパ管が通っている為、筋肉が固くなることで、血管やリンパ管が圧迫されて細くなります。

そして、流れが悪くなるそうです。

血管やリンパの流れが悪いと、冷え性やむくみ、水太りの原因になります。

 

私の場合は、そのことが原因で、慢性的な顔のむくみと頭痛を引き起こしていました。

ですが、肩甲骨をまわすようになってから肩こりや頭痛、顔や足のむくみも軽減したので、そのやり方をご紹介したいと思います。

 

 

2.行うタイミング

 

行うタイミングですが、毎日のちょっとした空き時間を活用しても良いのですが、最も効果が出やすいのは、入浴中です。

体がほどよく温まった状態ですることで、より血流が良くなり、効果も得やすいです。

 

しかし、心筋梗塞など何らかの疾患をお持ちの方は、寝起きにすることをお勧めします。

寝起きにすることで、同時に体を目覚めさせることも出来るので、急な血流の変化を避けたい方に良いそうです。

デスクワークなどで同じ姿勢でいることが多い方は、同じ姿勢でいた後に、少しやるだけでリラックス効果もあるようです。

 

 

3.実際にやってみよう

 

肩甲骨をただまわすだけでも効果はありますが、より効果が出る方法をご紹介致します。

 

①  お腹と背中に力を入れて姿勢を良くする

②  胸より下を動かさないように意識

③  後ろに肩を10回まわす(背骨の中央に肩甲骨を近づけるようなイメージで)

④  前に肩を回す10回まわす(一度肩を真上に上げて、へそにめがけて内側に肩を落とすイメージで)

⑤  首をゆっくりと左右に10回ずつまわす

⑥  再び肩を後ろにまわしたところで力を入れて5秒間静止(10回)

⑦  一気に力を抜きます

⑧  再び肩を前にまわしたところで力を入れて5秒間静止(10回)

⑨  一気に力を抜きます

 

 

この①~⑨を3セット繰り返すと、だんだん背中を中心にぽかぽかと温まってきます。

入浴中にやられる方は、普段より汗をかいたら上手く出来ている証拠です!

毎日やり続けることで、顔のむくみが気になってマッサージに通っている方や肩こりやが酷くて整骨院などに通っている方は、通う回数を減らしても苦ではなくなるはずです。

 

 

いかがでしたか?

さっそく今日から実践して、肩こりやむくみとはおさらばしましょう!

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント