【初心者】ナヴァイオビーチへ行く!!安心安全なツアーを利用!!

欧米

 

「飛ばねぇ豚はただの豚だ」の台詞で有名なジブリの名作「紅の豚」に登場する主人公の隠れ家とも言われている、澄み切った青い海。

これが実在する海であることはご存知ですか?

 

白い砂浜、どこまでも透き通った青い海。

美しい地中海の空を映したその青は、遠浅の海に長く伸び、訪れる人々を魅了するといいます。

今回はこれからの季節に是非訪れたい、太陽と海が織りなす自然の佳景「ナヴァイオビーチ」を中心に周辺の観光スポットについてご紹介したいと思います。

 

1.ナヴァイオビーチとは?

 

ギリシャの地中海に浮かぶザキントス島にある、三方を100m超の切り立った崖に囲まれた入江にあるビーチです。

 

船でしか上陸できないこちらのビーチには、タバコ密輸の際にギリシャ海軍に追われ、海岸へと乗り上げることとなった難破船「パナギオティス号」以外の人工物はありません。

 

またその時代を重ねた船の風合いが、このビーチをただの美しいビーチのひとつに留めず、古い歴史を持つ深みのある名勝へと押し上げる形となっています。

 

2.ナヴァイオビーチを満喫できるツアー

 

ギリシャ本土から島へ渡る必要がある上に、飛行機・船が共に発着時刻にかなりの制限があるザキントス島。

ひとつ乗り遅れると次の予定まで数十分~数時間の足止めを食らうこともありますので、自身で旅をスケジューリングする場合はかなりしっかりとした予定を組む必要があります。

 

それも旅の楽しみではありますが、移動の不安もなく、短時間で最大限に島を楽しみたい、ということであればツアーを利用するのもひとつの手です。

こちらにお勧めプランを2つご案内します。

 

海外旅行比較サイト:AB-ROADより。

公式サイト:https://www.ab-road.net/

 

①【成田発】ギリシャ・ザキントス島(ストラーダ マリーナ宿泊指定)&アテネ(市内スタンダードクラス宿泊)8日間

安心の往復送迎・全朝食付き ¥134,800~192,800(7月)

※料金は目安です。

https://www.ab-road.net/europe/greece/athens/tour/search/AD07DV1U/

 

②【東京発】生きているうちに絶対見ておきたい!!☆「紅の豚」の舞台&ワインも食事もおいしい!!☆ギリシャの絶景の島 ザキントス島8日間 

¥177.000~284.000(7月)

※料金は目安です。

 

アテネ(ギリシア)ツアー詳細|生きているうちに絶対見ておきたい!!☆「紅の豚」の舞台&ワインも食事もおいしい!!☆ギリシャの絶景の島 ザキントス島 | エイビーロード
アテネ(ギリシア)ツアー詳細|生きているうちに絶対見ておきたい!!☆「紅の豚」の舞台&ワインも食事もおいしい!!☆ギリシャの絶景の島 ザキントス島の情報をご紹介。アテネ(ギリシア)ツアーの詳細、条件、日程、料金詳細などを確認できます。

 

※現地では青の洞窟ツアーやボートツアーも楽しめます。(別料金)

 
イーツアーの海外格安航空券、空席照会・スケジュールを見て、その場で予約予約回答、最大の海外格安航空券サイト

 

3.みどころスポット3選

 

①ナヴァイオビーチ

旅の目的地にして、ザキントス島では外すことのできない観光スポット。

ビーチでの散策・遊泳の他、陸路からレンタカー・バスツアー等で崖上の展望台からの眺めを楽しむプランもあります。

 

時間に余裕のある方はビーチからの眺めと共に、崖上からの海と砂浜のコントラストを朝焼け・夕焼け等で、それぞれ楽しむのも良いかもしれません。

 

ただ、シーズン中の7月~9月は観光客も非常に多い為、日中のビーチはごった返す人の波で少し風情がない感じになってしまいます。

ですので、人気のない落ち着いたビーチをゆっくりと散策したいのであれば早朝もしくはシーズンオフの時期を狙うのが良いでしょう。

 

ゆっくりビーチを満喫したい方の為に現地でプライベートツアーを受け付けている会社をご紹介しておきます。

プライベートツアーは一般のツアーに組み込まれるオプショナルツアーとは違い、時間に融通がきく為、時期によってはビーチが混み始める前にビーチを独り占めすることも可能です。

 

セオドシス・クルーズ社(日本語対応有の様子):http://theodosiscruises.gr/ja/

 

※モデルプラン

3時間のクルーズツアー(ナヴァイオビーチ/1時間・青の洞窟/1時間+移動時間1時間)で180ユーロ(22,500円)

人数に関わらず料金変動なし/燃料費込み/当日現金払い

 

②青の洞窟

ツアー利用時はオプショナルツアーの選択肢に入ることもしばしばのスポットであり、現地からも様々な青の洞窟ツアーの受付をしている施設があります。

 

基本的には船をチャーターし、島内に点在する洞窟を数か所クルーズするのが主流だそうですが、中には洞窟内で泳いだりするツアーもあるようです。

料金は現地で7ユーロ(900円)約40分のクルーズをされている方が多いようです。

 

ザキントスツアーの一覧/ブッキングサイト:http://www.greeka.com/ionian/zakynthos/island/zakynthos-tours.htm

 

③難破船

ナヴァイオビーチの別名「シップレックビーチ」の元となった難破船(Shipwreck )パナギオティス号はビーチのど真ん中に位置しています。

 

30年以上前にギリシャ海軍に追われたタバコの密輸船がこのビーチへと乗り上げてしまい、以降撤去や移設もされず、そのまま時を重ねているとのこと。

船には乗ることもできますが、潮風と時の経過でかなりの老朽化が進んでいるので、登る際は注意が必要です。

 

ただ気軽に触れることができる分、マナーの悪い観光客による船への落書きも散見されるとのこと。

皆さんはどうか落書き等はせず、写真撮影だけに留めておいて下さいね。

 

④アギオスディオニシオス教会

外見は各地で見かけるようなギリシャ正教会の様式と、さほど大差ありませんが、内部は目を見張るほどの美しさ。

 

入口上の金色のモザイク画に迎えられつつ中に入ると、豪奢な3つのシャンデリアとアーチ型の天井いっぱいに隙間なく描かれたフレスコ画。

両脇には採光の為に青を基調としたステンドグラスがあしらわれ、そこから入る光が訪れる人々を優しく照らします。

 

ちなみに教会の名前でもあるディオニシオスという名は16世紀に実在した、ザキントス島の司教「聖ディオニシオス」からきているとのこと。

 

内部は写真撮影禁止ですが、緻密なフレスコ画や美しいステンドグラス等、見どころはたくさんありますので、しっかり目に焼き付けておいて損はないと思います。

 

 

以上、ナヴァイオビーチを中心とした情報でした!

よろしければナヴァイオビーチへのアクセス方法の記事もご覧ください↓

【上級者】ナヴァイオビーチへ行く!!ツアーでなく個人で行こう!!
ナヴァイオビーチへ行かれる際のご参考にして頂ければ幸いです。 日本の空港から順を追って説明していきます! よろしければ、ナヴァイオビーチに関する別記事もご覧ください↓ 1.日本→ギリシャ 土日もですが、やはり...

 
イーツアーの海外格安航空券、空席照会・スケジュールを見て、その場で予約予約回答、最大の海外格安航空券サイト

The following two tabs change content below.
Daiki Shibata

Daiki Shibata

旅/バックパッカー/海外留学/海外インターン/マラソン/サブ3/ジムインストラクター/経済/途上国支援

コメント